ヤクルト山田が3度目トリプル3達成に“王手” 7回に今季30盗塁目に到達

ヤクルト山田哲人が広島カープ戦で、前人未踏の3度目トリプルスリー達成に“王手”

記事まとめ

  • ヤクルトvs広島で、山田哲人が前人未踏の3度目トリプルスリー達成に“王手”をかけた
  • 山田は青木宣親7号3ランの直後に左前打で出塁し、バレンティンへの2球目で二盗に成功
  • 今季30本塁打を放っている山田、打率3割をキープで、2015年、2016年に続くトリプル3に

ヤクルト山田が3度目トリプル3達成に“王手” 7回に今季30盗塁目に到達

ヤクルト山田が3度目トリプル3達成に“王手” 7回に今季30盗塁目に到達

ヤクルト対広島の試合経過

すでに本塁打は30本到達、打率3割以上キープなるか?

■ヤクルト – 広島(31日・神宮)

 ヤクルトの山田哲人内野手が31日、本拠地での広島戦で今季30盗塁を達成し、前人未踏の3度目トリプルスリー達成に“王手”をかけた。

 青木宣親の7号3ランで3点を勝ち越した直後の7回。2死走者なしから左前打で出塁した山田は、続くバレンティンへの2球目で二盗に成功。広島の先発・野村祐輔に揺さぶりをかけた。

 山田はすでに今季30本塁打を放っており、このまま打率3割をキープすれば、2015年、2016年に続く3度目のトリプル3達成。この日の試合前は打率.316で、快挙達成に大きく一歩近づいた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)