オリックス山田が月間18試合登板 稲尾、益田、フランスアの日本記録に並ぶ

オリックス山田が月間18試合登板 稲尾、益田、フランスアの日本記録に並ぶ

オリックス対西武の試合経過

1点を追う7回に3番手として登板

■オリックス – 西武(31日・京セラドーム)

 オリックスの山田修義投手が31日、本拠地での西武戦に登板し、月間18試合登板の日本記録に並んだ。

 1点を追う7回に3番手としてマウンドに上がると、先頭・源田を1ストライクから2球目でセンターフライに打ち取った。続く秋山に初球をライト前ヒットとされたところで、わずか3球で降板。マウンドを4番手・比嘉に譲った。

 これで山田は稲尾和久、益田直也、フランスアが持つ月間18試合登板の日本記録に並んだ。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)