【侍U-18代表】1番・藤原が驚異の“左前”二塁打 好判断で打線の起点に「1番やりやすい」

【侍U-18代表】1番・藤原が驚異の“左前”二塁打 好判断で打線の起点に「1番やりやすい」

第1打席で左前二塁打を放った侍ジャパンU-18代表・藤原恭大【写真:Getty Images】

二塁を狙う走塁は「どんな打球でも心がけている」

 9月3日から宮崎市内で行われる「第12回 BFA U18アジア選手権」に臨む侍ジャパンU-18代表は31日、KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎で宮崎県高校野球選抜と壮行試合を行った。29日の明治大戦に続き、この日も1番として起用されたのが、藤原恭大(大阪桐蔭)。初回、リードオフマンとして十分過ぎる働きを見せた。

 試合開始直後だった。この日の1球目。左腕・林田蓮(ウルスラ)が投じたカーブを捉えた打球は、遊撃手のすぐ左を抜けて外野へと転がる左中間への安打となった。ここからが藤原の見せ場だった。左翼手が打球の処理に走るのを見ると、そのまま一気に一塁ベースを蹴って、二塁を陥れたのだ。

 驚愕の“左前”二塁打にスタンドに詰めかけた1万6000人の観客からも大きなどよめきが起こった。続く小園の一塁ベースに当たるライト前タイムリーで先制のホーム。試合後、この瞬時に下した好走塁の判断を「打った瞬間に(二塁まで)行けるなと思いました。1本で2つ(塁を)行くというのは、どんな打球でも心がけています」と、事もなげに振り返るのだから、恐れ入る。

 4回にも中前安打を放ち、この日は5打数2安打だった。1番起用に「思い切って振れる。後先考えずにやれるのでやりやすいです。自分的には1番やりやすいと思っています」と手応えを感じた様子だ。50メートル走5秒7という驚異の身体能力を持つと同時に、この日の走塁に見るようなセンスの塊でもある。「1番・藤原」は間違いなく、侍ジャパンをアジアの頂点に導く武器となるだろう。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)