【侍U-18代表】吉田輝星の異質の球質、宮崎選抜が受けた衝撃「ストライクだと思って振ったら…」

【侍ジャパンU-18代表】金足農・吉田輝星投手の球に宮崎選抜の宮崎北・富永康介が衝撃

記事まとめ

  • 侍ジャパンU-18代表と宮崎県高校野球選抜の壮行試合で金足農・吉田輝星投手が登板した
  • 宮崎県高校選抜は強豪校から集まった3年生だが、吉田の投球に大きな衝撃を覚えたよう
  • 吉田に空振り三振を喫した富永康介(宮崎北)は吉田の球質に感じた衝撃を試合後に語った

【侍U-18代表】吉田輝星の異質の球質、宮崎選抜が受けた衝撃「ストライクだと思って振ったら…」

【侍U-18代表】吉田輝星の異質の球質、宮崎選抜が受けた衝撃「ストライクだと思って振ったら…」

宮崎選抜との試合で登板した侍ジャパンU-18代表・吉田輝星【写真:Getty Images】

侍ジャパンで初登板、149キロのマークした吉田

 9月3日から宮崎市内で行われる「第12回 BFA U18アジア選手権」に臨む侍ジャパンU-18代表。8月31日には、KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎で宮崎県高校野球選抜と壮行試合を行った。この試合で、最も注目を集めたのは、何と言っても甲子園準優勝の金足農・吉田輝星投手だった。

 甲子園での疲労を考慮され、これまでの練習試合では登板機会のなかった吉田だが、甲子園決勝から10日ぶりにマウンドへ。2点リードの9回に登板すると、先頭打者に死球を与えたものの、真っ直ぐのみで1イニングを無失点に封じた。この日の最速は149キロ。1万6000人もの大観衆が詰めかけたスタンドは大いに沸いた。

 大会に向けて総仕上げの相手となった宮崎県高校選抜。甲子園に出場した日南学園をはじめ、日章学園、聖心ウルスラ、宮崎日大、延岡学園など県内の強豪校から集まった3年生たちだったが、それでも、吉田の投じるボールには大きな衝撃を覚えたようだ。

 この回、吉田に空振り三振を喫した富永康介(宮崎北)は、吉田の球質に感じた衝撃を試合後に語っていた。「外野手は矢のような返球というじゃないですか。それがそのまま来た感じでした。矢のような投球というんでしょうか」。

 富永の打席を振り返る。初球143キロが外れ、ボール。2球目は145キロをファールとし、3球目は148キロを見逃し。146キロのボールを挟んで、5球目、148キロの高めのボール球にバットは空を斬った。

 甲子園でも度々見受けられた吉田の高めのストレートに、思わずバットが空を斬ってしまうシーン。それが、復帰登板となったこの日も発揮されたのだ。富永は吉田のボールをこう表現した。「真っ直ぐを狙っていたんですけど、打てませんでした。(最後のボールは)ストライクゾーンに来たと思って振ったんですが、実際には(高めの)ボール球でした」。相当のキレとノビがあるのだろう。あまりの衝撃に、宮崎県選抜の選手たちも脱帽するしかなかった。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)