【MLB】大谷翔平、苦手左腕から1安打放ち打率.276 3日アストロズ戦で投手復帰へ

【MLB】大谷翔平、苦手左腕から1安打放ち打率.276 3日アストロズ戦で投手復帰へ

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

第3打席で快足を飛ばし三塁内野安打

 エンゼルスの大谷翔平投手は31日(日本時間9月1日)、敵地アストロズ戦に「6番・DH」でスタメン出場し3打数1安打の活躍を見せた。チームは3-0で2連勝を飾った。大谷は2日(同3日)の同戦で投手復帰を果たす。

 相手先発はルーキー左腕フラムバー・バルデス。2回1死走者なしの第1打席。初球を積極的に打ちにいったが二ゴロに倒れた。5回の第2打席は快足を飛ばし三塁内野安打となった。

 両チーム無得点の6回。エンゼルスはトラウトの犠牲フライ、シモンズの9号2ランが飛び出し3点を先制。大谷は2死走者なしの第3打席で右腕マクヒューと対戦し変化球にバットを合わせたが二直に終わった。

 9回の第4打席は無死一、二塁の場面で右腕ロンドーンと対戦。3ボール1ストライクからの5球目、外角直球を見極め四球を選んだ。この日は3打数1安打の活躍で打率は.276となった。

 この日は試合前にブルペンで変化球を交え24球を投げた大谷。投手復帰が決まっている2日(日本時間3日)、敵地アストロズ戦に向け最終調整を行った。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)