【侍U-18代表】約3時間、連携確認などで汗 永田監督、吉田は「テンション上がっている」

【侍U-18代表】約3時間、連携確認などで汗 永田監督、吉田は「テンション上がっている」

1日、練習を行った侍ジャパンU-18代表・吉田輝星【写真:福谷佑介】

選手の希望でウエート追加「自主性に富んだ選手多い」

 9月3日から宮崎市内で行われる「第12回 BFA U18アジア選手権」に臨む侍ジャパンU-18代表は1日、KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎で練習を行った。投内連携や内外野の連携の確認、フリー打撃などで午前9時からしっかりと汗を流し、永田裕治監督は練習後に「自分の頭の中では(戦い方は)見えてきた。予選とスーパーラウンドでは戦い方は変わってくるので、相手を見ながら考えていきたいと思っています」と語った。

 この日は投手陣は軽いキャッチボールにとどめ、ノースロー調整とさせた指揮官。投内連携、内外野の連携の確認を重点的に行い、その後はしっかりと打ち込みの時間に充てた。打線の状態について、永田監督は「個々に上がってきている。下がっているのもいるので、そこは残り1日で修正していきたい」と語った。

 また、気になる吉田輝星(金足農)の状態について「全然変わりましたね、東京より。テンションも上がってますね。辛抱させたのが良かったのかなと思いますね」と上向いてきていることをうかがわせた。試合後には選手たちの希望でウエートトレーニングも追加され、指揮官は「選手からやらせてくれと。活気がありますし、自主性に富んだ選手が多い」と目を細めていた。

「中川(卓也、大阪桐蔭)を中心に選手でミーティングもやっているし、いいムードであると思います。盛り上がりはありますし、節度を持って臨みたいというのは、昨日厳しめのミーティングをしていいました」と語った指揮官。初戦は9月3日、サンマリンスタジアム宮崎での香港戦。アジアの頂点を目指す戦いが、いよいよ始まろうとしている。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)