【高校野球】侍U-18を苦しめた宮崎県選抜の逸材 最速更新149キロ、9K右腕は「プロ1本」

【高校野球】侍U-18を苦しめた宮崎県選抜の逸材 最速更新149キロ、9K右腕は「プロ1本」

宮崎県高校選抜は侍ジャパンU-18代表との壮行試合で2-4と善戦した【写真:Getty Images】

聖心ウルスラの右腕・戸郷が大観衆を沸かせる

 9月3日から宮崎市内で行われる「第12回 BFA U18アジア選手権」に臨む侍ジャパンU-18代表。8月31日には、KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎で宮崎県高校選抜と壮行試合を行った。結果は4-2で侍ジャパンU-18の勝利。これまで別メニュー調整を行っていた吉田輝星投手(金足農)が初登板するなど、1万6000人の大観衆は大いに沸いた。

 2日後に大一番を迎える侍ジャパンU-18代表、特に吉田や、甲子園春夏連覇を果たした根尾昂、藤原恭大、柿木蓮、小泉航平、中川卓也の“大阪桐蔭クインテット”が大きな注目を集めたが、試合内容から言えば、侍ジャパンU-18は思わぬ苦戦を強いられたと言っていい。相手となった宮崎県選抜にも、輝く逸材がいた。猛者揃いの侍を苦しめた1人が、聖心ウルスラのエース右腕・戸郷翔征だった。

 戸郷は、聖心ウルスラでチームメートで先発した林田蓮瑚が2点を奪われた1回2死三塁の場面からマウンドへ。最初の打者となった奈良間大己(常葉大菊川)を空振り三振に仕留めると、そこから目を見張るほどの快投を演じた。

 7回、枡田佳吾(宮崎工)がマウンドに上がるまで、5回1/3を投げた戸郷。5回に味方の失策から2点を失ったものの、16個のアウトのうち9個を三振で奪い、強打者揃いの侍ジャパンU-18代表をキリキリ舞いにさせた。3回に小園に中前打にされたストレートは149キロを計示し、自己最速も更新した。

 「2点は取られましたけど、少ない点に抑えられたのは良かったです。(U-18代表は)有名な、びっくりする選手ばかり。三振を取れば、観客の人も沸いてくれると思っていました。藤原、根尾、中川、小園とかは意識しました。根尾から三振を取るのが目標だった」。試合後にこう語った戸郷。実際に藤原、中川、根尾にはバットに空を斬らせた。卒業後の進路を「プロ1本です」と言い切った戸郷。侍ジャパンメンバーにも匹敵する輝きを放った。

 戸郷のあとを受けた3番手の枡田も1回を3者凡退で片付け、1奪三振。4番手の王手海成(宮崎西)も2つの三振を奪い、9回を投げた5番手の源隆馬(宮崎学園)は1安打を許したものの、3つのアウト全てを空振り三振で奪った。宮崎県選抜は侍ジャパンメンバーから実に17個の三振を奪った。アジア王者を目指す侍ジャパンU-18代表だが、この日相手となった宮崎県選抜も侮れない選手たちだった。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)