【侍U-18代表】壮行試合で3三振の根尾 木製バットへの適応でフォームに「ズレ」

【侍U-18代表】壮行試合で3三振の根尾 木製バットへの適応でフォームに「ズレ」

侍ジャパンU-18代表・根尾昂【写真:Getty Images】

1日の練習でバット振り込み修正「上がってきている」

 9月3日から宮崎市内で行われる「第12回 BFA U18アジア選手権」に臨む侍ジャパンU-18代表は1日、KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎で練習を行った。投内連携や内外野の連携の確認、フリー打撃など約3時間汗を流し、開幕が2日後に迫った大会に向けて調整を進めた。

 8月31日に行われた宮崎県高校選抜との壮行試合。注目の1人である根尾昂は「4番・三塁」で先発し、試合途中から右翼に回ったが、打つ方では5打席ノーヒット。3つの空振り三振を喫した。一夜明けたこの日は課題の修正に取り組み「昨日できなかったところというか、ズレていたところを打ち込めた、考えて出来たので良くはなっている。何がいけなかったかというのは頭に入っているのでズレをちょっとは修正出来たかなと思います」と振り返った。

 甲子園で活躍し、大阪桐蔭の春夏連覇の原動力となった根尾。今大会は金属バットから木製バットとなることから、その違いに若干のズレが生じているようだ。その違いについて「金属のほうが軽いですし、詰まっても、先に当たっても打球が強く反発するので、手で打っても飛びますし。完璧に捉えたら木の方が伸びると思いますけど、金属の方がスイートスポットが広い、打者はラク出来る、簡単だと思います」と語る。

 木製バットになったからといって、打撃フォームなどに手を加えているところはない。それでも、「スイングの軌道が最後に中に入る感じになっていて、どうしても、それだとインパクトが弱くなってしまう。そういうところですね。(木のバットになって)変えてるつもりはないですが、変わっちゃっているところがあって、それがズレているところ」なのだという。

 「今日も色々変えながらやって、まあまあでした。状態は上がってきていると思います」と語る根尾。大会では主に右翼手での出場が見込まれるが、三塁手や投手、そして打線の核と、幅広く、重要な役割を任される。アジアの頂点へ、根尾昂のバットは欠かすことはできない。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)