【MLB】「彼は二刀流なんだ」―大谷の投手復帰へ、エ軍GMが懐疑的な声シャットアウト

【MLB】「彼は二刀流なんだ」―大谷の投手復帰へ、エ軍GMが懐疑的な声シャットアウト

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

「プレーできると判断するならプレーする、それが彼らのすること」

 2日(日本時間3日)のアストロズ戦で投手としてマウンドに復帰するエンゼルスの大谷翔平投手について、球団のビリー・エプラーGMが大谷のシーズン中の投手復帰を決めた現場の判断を支持した。地元紙「オレンジ・カウンティ・レジスター」が報じている。

 ポストシーズン進出が絶望的なエンゼルスにとって、希望の星とも言うべき大谷の復帰を待ち望んだファンの喜びの声があふれる一方、「ポストシーズンを戦う望みもないのに、不必要なリスクを冒してまでなぜ復帰させるのか」という、懐疑的な声もくずぶっている。記事によると、エブラ―GMは8月31日(同1日)、シンプルな表現で復帰を支持する立場を表明したという。

「専門家からの情報をもとに進めている。彼らは投げられると判断した。彼らは彼の靱帯の状態は良く、強くて、回復を見せていると言った。私は上級学位を取得するために何年も学校に通い、何十年もプロの世界で働いてきた人々の指示に従う。彼ら、そして彼らの助言を信頼している」

 大谷が痛めた右肘内側側副靭帯の治療については、チームドクターのスティーブ・ユン医師を中心とした医療関係者とソーシア監督はじめ現場の首脳陣が慎重に復帰プログラムを進めてきた。エプラーGMは記事の中で「靭帯の状態が良ければ、投手は投げるし、我々も投げさせる。選手がプレーするなら、プレーさせる。プレーできると判断したら、それが彼らがすることなんだ。彼らはプレーする」と、大谷は選手であり、プレーするのが仕事であると強調した。

今季中に投げられることを確認すれば、大谷のメンタル面にも好材料に

 復帰に年単位の時間がかかるトミー・ジョン手術を回避、保存療法を選択したのも、早期復帰を目指してのもの。手術をすれば、来年のプレーすらおぼつかなくなる。エプラーGMは同紙の取材に対して、こう語っている。

「彼がマウンドでシーズンを終えることは彼にとっても球団にとっても良いことなんだ。心の平和のためだ。それは重要なことだ。怪我をしたことがある選手に聞いたら、全員ではないとしても多数が、冬に通常通り準備できると知ること、制限なしでプログラムに取り組むことができると知ることが重要だと言うだろう。今回の場合、彼にとっても球団にとっても良いことなんだ。ショウヘイの立場からすれば、通常通り冬に準備できると知ることができる」

 大谷が投げられる状態、投げても問題がないことを今確認しておくのは、来季の準備をするためにも、大谷のメンタル面にとっても有意義なことだと示した。

打者専念、リリーフ転向とも否定「二刀流は彼が取り組んできたこと」

 現代野球では例のない二刀流に挑戦、何をしても「ベーブ・ルース以来」の枕詞がつく大谷は今や打線の核にもなっているだけに、「今季は打者に専念したら……」といった声や、長いイニングを投げる先発よりもリリーフとして復帰することを勧める声もある。大谷をクローザーとして起用し「打者・大谷」を最大限活用する案を唱える専門家もいるほどだが、エプラーGMは記事の中でそのいずれも一蹴した。

「彼は二刀流なんだ。彼はエリートレベルの投手になれると示したと思う。彼は打席でもそれを示した。それが彼の目標であり、人生、少なくとも大人になってから取り組んできたことだ。そして先発よりリリーフの方が腕への負担が少ないと示す実験データはない」

 その上で、エプラーGMは大谷復帰戦について「ワクワクしているよ。この過程に関わった全員にとってワクワクすることだ。この時点で彼が復帰できることを達成でき、全員が良い気分になるべきだ。彼の登板がどうなるか見てみよう」と期待したという。

 3か月ぶりに登板し、大谷が何事もなく投球できることが示されれば、全米の大谷フィーバーが再加速するのは間違いないところだ。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)