【MLB】アジアからは韓国人選手が2人…全30球団が「大失敗の契約を結んだFA選手」

【MLB】アジアからは韓国人選手が2人…全30球団が「大失敗の契約を結んだFA選手」

レンジャーズの秋信守と16年にツインズに所属した朴炳鎬(左から)【写真:Getty Images】

秋信守は今季活躍も…「彼はレンジャーズの地区シリーズ進出を遠ざけている」

 米メディア「ザ・スポーツスター」が、「2000年代以降、大失敗の契約を結んだFA選手」という特集記事を掲載した。ワースト1位から30位までを選出しているが、アジア出身の選手としては、第3位に秋信守(レンジャーズ)、第14位に朴炳鎬(元ツインズ)がランクされている。

 今季は125試合487打数135安打、.277、21本塁打、OPS.830とまずまずの成績を残し、オールスターゲームにも出場している秋だが、「2006年〜2012年にかけてチュはクリーブランド・インディアンスで人気のある選手だった。2013年(オフ)にテキサス・レンジャーズがチュと7年1億3000万ドル(約145憶6000万円)の契約を結んだ際には想像できなかっただろう。2018年、彼は活躍を見せている。オールスターにも選出された。しかし、彼はレンジャーズの地区シリーズ進出を遠ざけている」と評価は低い。

 確かに、インディアンスでは2008年から3季連続で3割を打ち、2009年、2010年は合わせて20盗塁以上をマークし「5ツールプレーヤー」と呼ばれていたが、レッズを経てレンジャーズに移った2014年以降、15年に.276、22本塁打の成績を残した以外は平凡で、盗塁も17年の12個以外は1桁台。故障がちで、外野守備もまずさが目立つ。

 チームも10年、11年の2年連続ワールドシリーズ出場以降は下降線で、秋が加入してから最高でもディビジョンシリーズ止まり。17年には地元紙に「(ドジャースからレンジャーズ移籍後、成績が低迷した)朴賛浩と並ぶ最悪の契約」と書かれたこともあるなど、インディアンス時代の輝きは失われていると言っていい。

MLBの投手の球に対応できなかった朴炳鎬には辛辣「再び会いたいとは思わない」

 2014年、15年と韓国プロ野球史上初の2年連続50本塁打超を記録した朴は、16年に鳴り物入りでツインズに移籍。しかし62試合215打数41安打、12本塁打24打点と低迷。17年には傘下3Aでプレーしたが一度もメジャー昇格はなく、4年契約を2年残してツインズから古巣の韓国プロ野球・ネクセンに復帰した。

 同メディアは朴についても「4年1200万ドル(約13憶4400万円)は狂気じみた金額ではない。とは言っても、ミネソタ・ツインズに短期間在籍したビョンホ・パクは球団史上最悪の契約と考えられるべきだ。2016年の彼はメジャーの投手に対応することができていなかった。マイナーに送られ、昇格することは二度となかった。再びMLBで会いたいとは思わない」と辛辣な評価を下している。

 ちなみに、このランキングで1位は2017年に2年2100万ドル(約23憶5200万円)でオリオールズからナショナルズへ移籍したマット・ウィータース(ナショナルズ)、2位は2017年にブルージェイズと1年1800万ドル(約20憶1600万円)、18年・19年のオプション付きで再契約したホセ・バティスタ(今季はブレーブス→メッツ→フィリーズ)、そして秋信守が3位となっている。日本人選手はひとりもランクには入っていない。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)