【侍U-18代表】藤原恭大が課す役割と自覚「僕と小園がこのチームを引っ張っていかないと」

【侍U-18代表】藤原恭大が課す役割と自覚「僕と小園がこのチームを引っ張っていかないと」

侍ジャパンU-18代表・藤原恭大【写真:Getty Images】

“侍ポーズ”喧騒加熱も、当人たちは冷静…

 9月3日から宮崎市内で行われる「第12回 BFA U18アジア選手権」に臨む侍ジャパンU-18代表。大会開幕まで2日となった1日は、KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎で、約3時間の練習を行った。守備面の連携の確認と、長めのフリー打撃の時間を設けて調整を進めた若きサムライたち。その中でチームの中心としての自覚を滲ませていたのが、藤原恭大(大阪桐蔭)だった。

 春夏連覇を果たした“最強”大阪桐蔭の中でも、一際、注目を集めたドラフト1位指名濃厚とも言える大砲。8月31日に行われた宮崎県高校選抜との壮行試合ではリードオフマンとして出場し、50メートル5秒7という俊足を武器に左前安打を二塁打にしてしまう驚愕のスピードを披露し、先制点の足がかりにもなった。

 今大会のメンバーでも、中心となるべき存在と言っていい。その立ち位置を、藤原自身が最も分かっているのだろう。1日の試合後、報道陣に自身のチーム内での立ち位置を問われると、迷うことなく言い切った。

「自分は去年を経験しているので、その分このチームを引っ張っていかないといけないと思っているので、自分と小園は去年から出ているので、その経験を生かしてしっかりチームに貢献したいと思います」

 藤原は昨年9月、カナダのサンダー・ベイで行われた「第28回 WBSC U-18ワールドカップ」で、小園海斗(報徳学園)とともに2年生ながら、代表メンバーに選ばれた。レギュラーとして試合に出場しており他のメンバーに比べ、国際経験にも長けている。それだけに、小園とともにチームを引っ張っていくつもりでいる。

 これまでは吉田輝星(金足農)との“侍ポーズ共演”が、多くのメディアでクローズアップされてきた。この日も共同インタビューでこれに対する質問が次々に飛んでいたが、吉田も含め当人たちは、喧騒をよそに至って冷静に受け答えをしていた。選手たちが目指すは優勝のみ。アジアの頂点を目指す藤原たちのプレーに注目だ。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)