【女子W杯】4番川端は打率.476、3番三浦は打点王 2人の「ベテラン」は6連覇に「ホッ」

【女子W杯】4番川端は打率.476、3番三浦は打点王 2人の「ベテラン」は6連覇に「ホッ」

決勝で先制打を放った侍ジャパン女子代表・川端友紀(右)【写真:Getty Images】

決勝では6得点中4得点を叩き出した2人、川端は「外1本に絞って」先制打

 侍ジャパン女子代表は8月31日(日本時間9月1日)、「第8回WBSC 女子野球ワールドカップ」(米国フロリダ)の決勝でチャイニーズ・タイペイを6-0で破り、前人未到のワールドカップ30連勝と6連覇を達成した。

 ワールドカップ初采配の橘田恵監督を支え、平均年齢21歳と若いチームを頂点に導いたのは、指揮官がベテランと呼ぶ3人だった。3大会連続でMVPを獲得した絶対エースの里綾実投手(愛知ディオーネ)に加え、3番の三浦伊織外野手(京都フローラ)と4番の川端友紀内野手(埼玉アストライア)。クリーンアップの2人は決勝でもチーム6得点中、4打点を叩き出した。

 チーム最年長29歳の川端は、決勝で先制打を放った。初回2死三塁で強烈なピッチャー返しで三走を返した。29日のスーパーラウンド第2戦で対戦した時と同じ右腕が相手だけに、狙い球をきっちり絞り込んでいた。「初回で取れないと苦しい戦いになるので何とかしたいと思い、外1本に絞って、強く振ることを心がけました」と振り返る。

 4回1死二塁では、初対戦の左腕を攻略。「(体が)開かされるのは嫌だと思い、外1本に絞って踏み込んでいたので、(外角球を)あまり遠く感じずに強く振り抜くことができました」と左前にライナーで弾き返した。今大会21打数10安打4打点。チーム一の打率.476を残し、バットで引っ張った。

三浦は若手選手の“台頭”望む「私たちが後ろの打順に回るくらいになれば」

 ヤクルト川端慎吾内野手の妹で、女子野球界を代表するスター選手は、ワールドカップには12年から4大会連続の出場。「年齢が一番上というのは初めて。初出場の選手が多いので、責任とプレッシャーを感じていました。期待に応えることができて、ホッとしました」と4番の大役を果たして、穏やかに微笑んだ。

 川端と同様に4大会連続出場の三浦も「苦しい試合もありましたが、勝ち切ることができて、決勝は日本らしく戦えて良かったです」とホッとした表情を浮かべた。

 これまで出場した大会の中で今回が最も苦しかったという。「前回までは四球での出塁から相手投手を崩すことが多かったですが、今回はどの国のピッチャーもしっかりしていて、工夫して相手にプレッシャーをかけることがなかなかできませんでした。あれっ、こんなに点が取れないかなという感じでした」。年々、他国のレベルが上がっているため、楽に得点することが難しくなっている。9戦のうち3点差以内の勝利が4試合。8戦全て5点差以上をつけて勝った2年前とは大違いだった。

 そんな状況でも三浦の巧みなバットコントロールは健在だった。決勝でも2回に左前適時打、4回に中犠飛を打ち上げた。22打数9安打12打点、打率.409。打点王に輝き、ベストナインにも選ばれた。

「私自身、2回目の大会からは優勝してホッとする気持ちの方が大きいです。女子野球の普及には勝つことが一番の近道ですから」と責任感を背負って戦い続けてきた。6連覇のうちの4連覇に中心選手として貢献。「次は若い子が中心になってくれれば。川端選手と私はずっとクリーンアップ。私たちが後ろの打順に回るくらいになれば、その先にもつながっていくと思います」と26歳の三浦は日本の将来を見据えた。(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

関連記事(外部サイト)