【MLB】マーリンズ外野手が驚異的スピード記録 一塁到達タイムが今季最速3.43秒!?

【MLB】マーリンズ外野手が驚異的スピード記録 一塁到達タイムが今季最速3.43秒!?

マーリンズのマグネウリス・シエラ【写真:Getty Images】

マーリンズのシエラが快足ぶり見せつける、史上最速はアルトゥーベの3.33秒

 マーリンズのマグネウリス・シエラ外野手が、1日(日本時間2日)の本拠地ブルージェイズ戦で驚異的なスピードを見せつけた。バント安打の際に、一塁到達タイムが3.43を計測。「MLBスタッツ・オブ・ザ・デイ」の公式ツイッターはこのプレーの動画を紹介し、今季メジャーで最速タイムだったとレポートしている。

 信じられないスピードを見せつけた。マーリンズが1-0とリードして迎えた2回。シエラは1死一塁で打席に立つと、右腕エストラーダの初球を一塁線に転がした。セーフティーバントであっという間に加速し、一塁を駆け抜ける。エストラーダはボールを掴んだものの、とても間に合うタイミングではなかった。

 MLB公式サイトの解析システム「スタットキャスト」によると、スプリントスピードは毎秒30.6フィート(時速約33.6キロ)。一塁までの到達タイムは3.43秒と今季最速をマークしたという。昨年9月、アストロズのホセ・アルトゥーベ内野手は一塁到達タイムでスタットキャストの観測史上最速となる3.33秒を記録。この衝撃的な数字にはさすがに届かなったが、相手チームはお手上げの驚異的なスピードだった。

 メジャー2年目のシエラは打率.177と打撃に課題を残すものの、圧倒的なスピードは大きな武器。マーリンズはこの試合、6-3で勝利したが、シエラの走塁は見せ場の1つとなった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)