12球団のドラフト1位が決定! 根尾は中日、吉田は“外れ1位”で日本ハムが1本釣り

12球団のドラフト1位が決定! 根尾は中日、吉田は“外れ1位”で日本ハムが1本釣り

中日が交渉権を獲得した大阪桐蔭・根尾昂【写真:荒川祐史】

4球団競合の小園は広島、3球団競合の藤原はロッテが交渉権を獲得

 2018年の「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」は25日、都内のホテルで行われ、12球団のドラフト1位指名選手が決まった。注目を集めていた根尾昂内野手は4球団が競合し、中日が交渉権を獲得。根尾と同じく4球団が競合した小園海斗内野手は広島、3球団競合の藤原恭大外野手はロッテがそれぞれ交渉権を獲得した。

 今年のドラフトで最も競合したのは根尾と小園。事前に指名を公表していたヤクルト、巨人、中日の3球団に加えて日本ハムも指名し、4球団が重複指名。小園には公表していたオリックス、ソフトバンクに加え、広島、DeNAが指名し、広島が当たりクジを引いた。

 12球団のうち11球団が高校生野手を指名する異例のスタートとなったドラフト。注目を集めた吉田輝星投手は“外れ1位”で日本ハムが単独指名。辰己涼介外野手には楽天、阪神、巨人、ソフトバンクの4球団が“外れ1位”で競合し、楽天が交渉権を獲得した。

12球団のドラフト1位指名選手は以下の通り。

広島 ◯小園海斗

ヤクルト ◯清水昇 ×上茶谷大河 ×根尾昂

巨人 ◯高橋優貴 ×辰己涼介 ×根尾昂

DeNA ◯上茶谷大河 ×小園海斗

中日 ◯根尾昂

阪神 ◯近本光司 ×辰己涼介 ×藤原恭大

西武 ◯松本航

ソフトバンク ◯甲斐野央 ×辰己涼介 ×小園海斗

日本ハム ◯吉田輝星 ×根尾昂

オリックス ◯太田椋 ×小園海斗

ロッテ ◯藤原恭大

楽天 ◯辰己涼介 ×藤原恭大(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)