鷹・大竹が日本シリーズ初登板で2回無失点の快投 「次も早く投げたい」

鷹・大竹が日本シリーズ初登板で2回無失点の快投 「次も早く投げたい」

SB大竹 日本S初登板で快投

鷹・大竹が日本シリーズ初登板で2回無失点の快投 「次も早く投げたい」

日本シリーズ初登板を果たしたソフトバンク・大竹耕太郎【写真:藤浦一都】

セ・リーグ覇者の広島打線を相手に2回1安打無失点

■広島 5-1 ソフトバンク(28日・マツダスタジアム)

 ソフトバンクの育成出身ルーキー・大竹耕太郎投手が日本シリーズ初登板を果たし、2回を1安打無失点に抑えた。

 先発のバンデンハーク投手の後を受けて6回から登板した大竹は、2イニングを投げて許したヒットはわずか1本。その走者も自らの牽制で誘い出し、結果的に打者6人で終えた。日本シリーズの初登板も「緊張はなかったです」とケロリ。さらに「緊張するから球がいかないんじゃなくて、球がいかないから緊張するんだということが分かりました」と言ってのけた。

 クライマックスシリーズでは納得のいく投球ができなかったが「自分がしっくり来る環境にあれば強い球が投げられるということ。カーブでもカウントが取れたし、どの球種でも腕が振れました。こういう感覚が西武戦ではできなかった」と、大舞台での登板で成長を実感した様子だった。

「投げたくてうずうずしていたし、次も早く投げたいですね」

 “育成出身ルーキーの日本シリーズ初登板”というド緊張間違いなしのシチュエーションを、大竹はさらりと自らの収穫の場にしてみせた。(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

関連記事(外部サイト)