“春男”脱却の裏で苦悩も… ロッテの4番・井上晴哉が振り返る覚醒の1年

“春男”脱却の裏で苦悩も… ロッテの4番・井上晴哉が振り返る覚醒の1年

ロッテ・井上晴哉【写真:荒川祐史】

打撃部門全てで自己最高の成績、最も納得できたのは「99打点」も…

 開幕直後は存在感を示すが、夏までに1軍の舞台から姿を消してしまう……。そんな“春男”と呼ばれたロッテ・井上晴哉内野手は、プロ5年目の今季、ついに覚醒した。133試合に出場して、打率.292、24本塁打、99打点。打撃部門全てで、自己最高の成績を残した。

 今季の成績のうち最も納得できた数字について、井上は「チームの順位があまり良くなかったので……」と前置きしたうえで、「99打点というところじゃないですかね。そこは貢献できたと思います」と、リーグ5位の打点数を挙げた。

 チーム3冠王に輝き、成長を遂げた井上ではあるが、シーズンを通して順調だったわけではない。開幕から4番で起用され、開幕2戦目の楽天戦でプロ入り初となる2打席連続本塁打を放つ好スタートを切ったが、徐々に成績が下降した。

 5年目で初めて、夏までに2軍落ちすることなく1軍でプレーしたが、5月は打率.208、2本塁打、12打点。11日の西武戦からは打順が5番に変更となり、その後は7番まで下がった。交流戦が始まってからは、指名打者制が採用されていないセ・リーグ主催試合で、ベンチスタートという日もあった。

 そんな苦悩の日々を井上は「あの時はドミンゲスも調子が良くて打っていたし、『正直俺じゃなくてもいいのかな』と不安な気持ちもありました」と振り返る。さらに「ちょっと良くなってきたなと思ったときに、扁桃炎になりました。チームに迷惑をかけたと思いますし、その中で不安な気持ちも自分の中でありながら、やらないといけないというのがありました」と、不振と病気離脱が重なった際の素直な心境を明かした。

不安な気持ちを取り除いた豪快弾、「4番打者」への強い思い

 これまでの井上であれば、そのまま負の連鎖でズルズルといってしまう可能性もあったが、ここで立て直せたのが今年ひと味違うところだ。「本当に不安しかなかった」と話した再昇格後初戦、6月23日の西武戦で、今井達也投手からプロ初の満塁本塁打。「即(昇格で)ああいう形で結果が出たのは、本当に自分の中で大きかったですし、その分だけ強くなったのかなと思います」。翌24日には、2打席連続本塁打を放って勢いに乗った。

 7月9日の西武戦からは再び打順が4番に戻り、同月は月間打率.400、7本塁打、23打点で、自身初となる月間MVPを獲得した。8月は再び調子を落としたが、「打席の中での切り替えを含めて、色んな意味で切り替えができたかなと思います」と自身のメンタルを上手くコントロールした。

 9月に入ると再び打撃の状態が上がり、9月8日の西武戦では約1か月ぶりとなる本塁打。これで球団の日本人選手では、2013年の井口資仁内野手(現監督)以来5年ぶりにシーズン20本塁打に到達した。

 井上は「4番である以上は、チームを代表する打者として恥ずかしくないスイングをしたい。そのなかで、(20本塁打以上)打てたというのはいいこと」と力を込める一方で、「ただそこまでホームランが絶対というのはないですね」と大きな一発への強いこだわりはないことを明かす。

 打席内ではすでに4番打者としての風格を醸し、「4番として出る以上は、やっぱり相手に向かっていく気持ちは忘れてはいけないと思います。それは、4番だからというのもありますね」と語る井上。7月9日の西武戦以降、誰にもその座を渡すことなく2018年シーズンを終えた。シーズン自己最高の成績を残し、オフには「今までは何をしたら良くなるかと悪い反省で考えていましたが、今年は打てた理由を深く探っていきたい」と、良かった部分を徹底的に追求していくという。

 来シーズンからは本拠地・ZOZOマリンスタジアムにホームランラグーンが新設され、本塁打増加も期待される。球団の日本人選手では、1986年の落合博満氏以来となる30本以上のアーチを描くことはできるだろうか。かつては“春男”と呼ばれた男が、これからはさらに頼りになる4番打者となる。(「パ・リーグ インサイト」編集部)

(記事提供:パ・リーグ インサイト)

関連記事(外部サイト)