【日本S】“甲斐キャノン”を工藤監督も称賛「スタート切らせなくなってる」

【日本シリーズ】ソフトバンク甲斐拓也が4試合連続"甲斐キャノン" 工藤公康監督称賛

記事まとめ

  • 日本シリーズ第4戦でソフトバンクの甲斐拓也捕手が5回に広島の安部友裕の盗塁を阻止
  • 甲斐は第1戦から4試合連続で盗塁を阻止、今季セ・リーグ最多95盗塁の広島を封じている
  • 阻止率10割に工藤公康監督も「向こうも(盗塁を)試みなくなってきている」と称賛した

【日本S】“甲斐キャノン”を工藤監督も称賛「スタート切らせなくなってる」

【日本S】“甲斐キャノン”を工藤監督も称賛「スタート切らせなくなってる」

ソフトバンク・工藤監督【写真:藤浦一都】

5回に安部の盗塁を阻止、シリーズ4度の盗塁企図を全て阻止

■ソフトバンク 4-1 広島(31日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクの甲斐拓也捕手が、広島の武器をまたしても、抑え込んだ。31日、本拠地ヤフオクドームで行われた日本シリーズ第4戦。5回2死で安部が仕掛けてきた盗塁を阻止し、第1戦から4試合連続で盗塁を阻止。今季セ・リーグ最多の95盗塁を決めてきた広島の足を封じている。

 また、また、また刺した。第1戦からことごとく広島の盗塁を阻止してきた甲斐。この日は5回に“甲斐キャノン”が発動した。1死から東浜が會澤に四球を与え、安部の二ゴロで走者が入れ替わった。続く田中に対しての1ボール2ストライクからの4球目で、安部がスタートを切った。

 低めのボール球をキャッチした甲斐は素早いステップから、ベースカバーに入った今宮にストライク送球。余裕を持って安部を刺した。これで第1戦から4度盗塁を企図され、それを全て阻止している。

 阻止率10割を継続している“扇の要”に、工藤公康監督も「向こうも(盗塁を)試みなくなってきている。彼のスローイングの速さだったり、送球の正確性が(広島に)スタートを切らせないようになっている」と称賛。盗塁阻止とともに、盗塁を企図させづらくする“抑止力”も褒め称えていた。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)