【MLB】今オフはハーパー、柳ら7選手に1年20億円のクオリファイングオファー提示

【MLB】今オフはハーパー、柳ら7選手に1年20億円のクオリファイングオファー提示

ナショナルズのブライス・ハーパー【写真:Getty Images】

選手は13日までに受け入れるか回答へ

 メジャーリーグのクオリファイングオファー(QO)が米東部時間2日午後5時(日本時間3日午前6時)に締め切られ、今季は7選手にオファーが出された。選手は同12日午後5時(同13日午前7時)までに受け入れるか否かを回答しなくてはならない。

 QOは、今季終了後にフリーエージェント(FA)となった選手に対し、旧所属球団が優先的に翌年の1年契約を規定額でオファーできる制度。今季は、パトリック・コービン投手(ダイヤモンドバックス)、ダラス・カイケル投手(アストロズ)、柳賢振投手(ドジャース)、クレイグ・キンブレル投手(レッドソックス)、ヤスマニ・グランダル捕手(ドジャース)、ブライス・ハーパー外野手(ナショナルズ)、AJ・ポロック外野手(ダイヤモンドバックス)の7人。規定額は、年俸上位125選手の平均額で、今季は1790万ドル(約20億円)となっている。

 選手がQOを受け入れられるのはキャリアで一度のみ。拒否された球団は、選手が流出する保証としてドラフト指名権が手に入り、QOを拒否した選手とFA契約した球団はドラフト指名権を失うことになる。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)