ハーパーはカージナルス、サバシアがエンゼルス? MLB公式が「大胆予想」

ハーパーはカージナルス、サバシアがエンゼルス? MLB公式が「大胆予想」

ナショナルズのブライス・ハーパー【写真:Getty Images】

史上最高額の契約が予想されるハーパー、最有力は世界一11度の名門か

 歴史的な停滞を見せた昨年とは違い、大物揃いで激しい動きが予想される今オフのフリーエージェント(FA)市場。最大の注目を浴びているのは、ともに26歳のブライス・ハーパー外野手(ナショナルズからFA)、マニー・マチャド内野手(ドジャースからFA)だ。メジャー史上最高額の契約を掴む可能性は高いと見られているが、果たして2人の新天地はどこになるのか。それとも、“残留”という選択肢もあるのか。MLB公式サイトが特集記事で予想している。

 特集のタイトルは「2018-19年最大のFAを大胆予測」。注目選手の移籍先などを占っているが、はじめに登場するのはハーパーだ。記事ではズバリ「ブライス・ハーパーはカージナルスと契約」と予想。獲得が可能なのは資金力豊かな球団だけと見られているが、その中の1つである名門カージナルスの名前が挙がった。

「フィリーズが最も無難だろう。ナショナルズに戻る可能性もある。ドジャースとヤンキースには資金があるし、よりエキサイティングな球団だ」

 このように、ナショナルズ残留やハーパーがファンと公言するヤンキース移籍などの選択肢にも言及。だが、最有力候補はメジャー2位の11度のワールドシリーズ制覇を誇るナ・リーグ中地区の名門だという。

「カージナルスは最高値での取引を実現できる球団である。また、3年連続でプレーオフを逃しており、長きにわたり打線の中核を求めてきた。彼らはハーパーをその解決策とするだろう。我々は彼がカージナルスの豊かな歴史や忠実なファンを好むであろうことを理解している」

 カージナルスは伝統球団であり、野球熱の高いセントルイスでのプレーをハーパーも望むと指摘。ナショナルズと同じ赤をチームカラーとする球団でプレーすることになるとの予想だ。

ベテラン左腕のサバシアは大谷とチームメートに?

 そして、2番目に登場するのがマチャド。こちらは「マニー・マチャドはヤンキースと契約」としている。ドジャースの一員として出場した今季のプレーオフでは素行の悪さが話題となり、ヤンキースの“熱”も冷めたと見られている。記事でも「マチャドの興味深いポストシーズンを送った。FA市場における彼の機会そしてお金が犠牲となることだろう」としているが、続けて「しかし、彼は25歳のシーズンで(キャリア通算の)WARが30を超えるほどの選手だ。彼は契約を手にするだろう」と予想。結局、本命のヤンキースに落ち着くという。

「ディディ・グレゴリアスの故障に加え、ヤンキースは三遊間を改善する必要がある。しかしながら、パドレスやホームタウンのマーリンズとの契約はより面白いはずだ」

 正遊撃手のグレゴリアスがトミー・ジョン手術を受け、来季開幕に間に合わないという状況の中、ヤンキースのマチャド獲得は理にかなっている。一方で、パドレスやマーリンズも候補に挙げているが、果たしてどうなるか。

 そして、特集で9番目に登場しているのが「CC・サバシアはエンゼルスと契約」という予想だ。ヤンキースからFAとなった実績十分のベテラン左腕は現役続行を望んでおり、再契約での残留の可能性も残されているが、そうはならないとしている。

「ヤンキースはより優れたローテーションを必要としており、両者は遂に決別するだろう。サバシアは登板を望んでいる。また。彼は多くのイニングを投げることができる投手となり、手ごろな価格でエンゼルスの安定に一役買うだろう」

 世界一に向けてローテーションのグレードアップを目指すヤンキース、先発投手の補強が必須となっているエンゼルスの事情を考えれば、確かに納得いく結論だ。来季、打者に専念する大谷翔平投手とサバシアがチームメートにあることはあるのだろうか。

 今オフ、メジャーリーグのストーブリーグはやはり例年以上に面白くなりそうだ。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)