“甲斐キャノン”が米国でも話題に 二塁送球タイム1.8秒は「MLBトップに匹敵」

ソフトバンク・甲斐拓也の強肩『甲斐キャノン』が米国でも話題 MLBトップにも匹敵

記事まとめ

  • 日本シリーズでは、広島の機動力を封じたソフトバンクの甲斐拓也がMVPに輝いた
  • 甲斐拓也の強肩は『甲斐キャノン』と呼ばれるが、米国でも話題となっている
  • MLB公式HPは甲斐拓也の二塁送球タイムについて、MLBトップにも匹敵するとしている

“甲斐キャノン”が米国でも話題に 二塁送球タイム1.8秒は「MLBトップに匹敵」

“甲斐キャノン”が米国でも話題に 二塁送球タイム1.8秒は「MLBトップに匹敵」

ソフトバンク・甲斐拓也【写真:藤浦一都】

打率.143、0打点でもMVP、その理由は…

 ソフトバンクが2年連続日本一となった今季NPB。広島との日本シリーズでは、強肩で広島の機動力を封じたホークス甲斐拓也捕手がMVPに輝いた。日本ではすっかりおなじみとなった“甲斐キャノン”だが、なんと米国でもその鬼肩ぶりに注目が集まっている。

「日本シリーズMVP、タクヤ・“キャノン”・カイの6連続盗塁阻止を見よ」と題された特集を組んだのは、MLB公式サイトの人気動画コーナー「Cut4」だった。特集では、甲斐が日本シリーズでは打率.143、0打点ながらMVPに輝いたことをリポート。「なぜ打率.143、0打点の男がMVPなのか? それは盗塁を仕掛けた全走者を刺したからだ」と説明。日本では“甲斐キャノン”という異名を執ることにも触れ、レギュラーシーズンでは95盗塁した広島を見事封じた様子も動画入りで伝えている。

 メジャーでの連続盗塁阻止記録は、2008年にホセ・モリーナ、1993年にマイク・ラバリエールが記録した12連続阻止となっているが、日本シリーズという大舞台での6連続阻止に「5試合で6度って、しかも王座決定戦の5試合だなんて、滅多にお目に掛かれない勝負強いプレーだ」と絶賛。甲斐の二塁送球タイムが約1.8秒であることも紹介し、「2018年のメジャートップに匹敵する」とした。事実、MLB公式データ解析システム「スタットキャスト」によると、二塁送球平均タイムが今季メジャー最速だったのはホワイトソックスのアレフレッド・ゴンザレスで1.86秒で、平均タイムが1.8秒台だったのは上位4人だけだった。

 甲斐キャノンの威力は、本場メジャーでも遜色ないものと言えそうだ。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)