MLB公式サイトが選ぶ史上最高のMVP選手を発表 2001年のイチローは何位に?

MLB公式サイトが選ぶ史上最高のMVP選手を発表 2001年のイチローは何位に?

マリナーズ・イチロー【写真:Getty Images】

ベスト5にボンズは3度も登場

 MLBでは4日(日本時間5日)に今季ゴールドグラブ賞が発表され、これから各賞の発表が本格化する季節となる。そこでMLB公式サイトでは、史上を彩る歴代MVP選手175人を大胆にもランク付け。堂々の1位に輝いたのは、2001年にナMVPを受賞したバリー・ボンズ(ジャイアンツ)だった。

 この年ボンズは73本塁打を放ち、177四球を選んで出塁に成功。この年のOPS+(出塁率と長打率の合計に球場などの要素を補正した数値)は259で、リーグ平均100を大幅に上回る数となった。

 2位には1968年のボブ・ギブソン(カージナルス)、3位には2004年のボンズ(ジャイアンツ)、4位は1956年ミッキー・マントル(ヤンキース)、5位には2002年ボンズ(ジャイアンツ)がランクインする中、日本人メジャーリーガーで唯一MVP受賞経験のあるイチローは何位にラインクインしたのだろうか。

 リストをたどっていくと、イチローの名前は72位に登場する。カギとなる成績として、打率.322、242安打、56盗塁が挙げられ、イチローがいかに“トータルパッケージ”の選手かがわかる。寸評では「イチローが野球界でどんな意味を持つのかというだけでも、さらにリスト上位に食い込めるだろうか? もちろん」と記されており、その後史上30人目とある3000安打達成を果たしたことなど、2001年以降の功績にも目を向けていた。

 なお、MVP10傑は下記の通り。

1バリー・ボンズ(2001年ジャイアンツ)
2ボブ・ギブソン(1968年カージナルス)
3バリー・ボンズ(2004年ジャイアンツ)
4ミッキー・マントル(1956年ヤンキース)
5バリー・ボンズ(2002年ジャイアンツ)
6ウィリー・メイズ(1965年ジャイアンツ)
7カール・ヤストレムスキー(1967年レッドソックス)
8スタン・ミュージアル(1948年カージナルス)
9ジョー・モーガン(1975年レッズ)
10サンディ・コーファックス(1963年ドジャース)(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)