MLB先発捕手が一目置いた巨人の打者は…「名前は分からないけど、3番と4番打者」

「2018日米野球エキシビジョンゲーム」でMLB先発捕手が坂本勇人と阿部慎之助に一目

記事まとめ

  • 巨人とMLBオールスターチームによる「2018日米野球エキシビジョンゲーム」が行われた
  • 9-6で巨人は負けたが、MLB先発捕手は坂本勇人と阿部慎之助が印象に残ったと語った
  • 9日から始まる「日米野球」では、野球日本代表「侍ジャパン」と6試合を戦うことになる

MLB先発捕手が一目置いた巨人の打者は…「名前は分からないけど、3番と4番打者」

MLB先発捕手が一目置いた巨人の打者は…「名前は分からないけど、3番と4番打者」

先発マスクを被ったマーリンズのJT・リアルミュート【写真:Getty Images】

先発マスクのリアルミュートが坂本、阿部を称賛

■MLBオールスター 9-6 巨人(8日・東京ドーム)

 巨人とMLBオールスターチームによる「2018日米野球エキシビジョンゲーム」が8日、東京ドームで行われ、MLB選抜が9-6で勝利した。「7番・捕手」で先発マスクを被ったJT・リアルミュート捕手(マーリンズ)は、印象に残った打者として「名前は分からないけど、3番と4番打者」と、坂本勇人阿部慎之助の2人を挙げた。

 来日前にハワイで数日合同練習を行ったMLB選抜チームだが、リアルミュートにとって初めてバッテリーを組む投手ばかり。対戦する巨人の打者の情報もほとんどなく、「試合をする中でコミュニケーションを取りながら感覚を合わせていった」という即興でのリードとなった。その中でも、印象に残った打者を聞かれると「名前は分からないけど、3番と4番打者」と即答。坂本と阿部について「いいスイングをする打者だと思った」と話し、一目置いた。

 自身は3回に左翼へタイムリー二塁打を放ったほか、5回には右翼へソロ弾を叩き込んだ。「正直なところ、1か月くらい野球のボールすら見ていなかったから、とにかくシンプルにコンパクトなスイングを心掛けたんだ。いい結果につながって良かったよ」と笑顔で振り返った。

 9日から始まる「2018日米野球」では、野球日本代表「侍ジャパン」と6試合を戦う。「オフ中のトレードや契約の噂話から離れて、日本での時間を楽しみたい」という27歳。攻守ともに日本のファンの目を楽しませてくれそうだ。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)