【日米野球】MLB打線がついに爆発! モリーナが逆方向に圧巻3点アーチ 5-1とリード広げる

【日米野球】MLB打線がついに爆発! モリーナが逆方向に圧巻3点アーチ 5-1とリード広げる

3点本塁打を放ったモリーナ【写真:Getty Images】

4回守備では一塁へのバズーカ送球で牽制死奪う

■侍ジャパン – MLBオールスター(11日・東京ドーム)

 野球日本代表「侍ジャパン」とMLBオールスターチームが対戦する「2018日米野球」は11日、東京ドームで第3戦が行われ、5回にMLB選抜が打者一巡の猛攻で4点を追加した。

 1-1の同点で迎えた5回。MLB打線が侍ジャパン先発の多和田を捉えた。先頭のハニガーが遊撃内野安打で出塁すると、続くヘルナンデスが四球で無死一、二塁。ここでメリフィールドが三塁方向へ送りバントを転がし、捕球した多和田の一塁送球が逸れる間にハニガーが生還した。

 なおも1死一、二塁で打席に立ったのは、4回に一塁へ鬼肩送球を披露し、牽制死を奪った捕手モリーナ。1ボールから2球目外角スライダーにバットを合わせると、低い弾道の打球はそのまま右翼席最前列に飛び込む3点弾となった。

 3回まで1安打無失点と好投していた多和田をマウンドから引きずり下ろす猛攻で、MLBが初勝利に向けて大きく前進した。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)