【日米野球】侍ジャパン稲葉監督が大谷翔平の新人王受賞を祝福「日本人として誇れる」

【日米野球】侍ジャパン稲葉監督が大谷翔平の新人王受賞を祝福「日本人として誇れる」

侍ジャパン・稲葉篤紀監督【写真:Getty Images】

2013年から2年間チームメイト「本当にうれしいですね」

 野球日本代表「侍ジャパン」の稲葉篤紀監督が13日、エンゼルス大谷翔平投手の新人王獲得を祝福した。マツダスタジアムでの第4戦前に取材に応じた指揮官は「素晴らしいですね。日本人として誇れます」と笑顔を浮かべた。

 稲葉監督と大谷は2013年から2年間、日本ハムでチームメイトとしてプレーした。稲葉監督は「私も少なからずチームメイトとして、同じ選手として関わらせてもらって、本当にうれしいですね」と、自分のことのように喜んだ。今でも交流は続いているそうで「たまにしか連絡をしないけど、必ず返事をくれる律儀なところもある。そういうところも、向こうで評価されたのかなと思います」と話した。

 大谷は2012年ドラフト1位で日本ハムに入団。今季からエンゼルスに移籍し、ベーブ・ルース以来100年ぶりの二刀流として全米を沸かせる活躍をし、日本人選手としては2001年のイチロー以来4人目の快挙を達成した。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)