【日米野球】前田健太が凱旋登板で2回1安打無失点の好投 「すごく幸せな時間でした」

【2018日米野球】ドジャース・前田健太が凱旋登板 「すごく幸せな時間でした」と笑顔

記事まとめ

  • 『2018日米野球』第4戦でドジャースの前田健太が、古巣本拠地で凱旋登板した
  • 2イニングをわずか22球で投げ終えた前田は「すごく幸せな時間でした」と笑顔を見せた
  • 9回には広島の田中広輔、菊池涼介が活躍、5-3で日本代表が逆転勝利した

【日米野球】前田健太が凱旋登板で2回1安打無失点の好投 「すごく幸せな時間でした」

【日米野球】前田健太が凱旋登板で2回1安打無失点の好投 「すごく幸せな時間でした」

日米野球第4戦に先発したドジャース・前田健太【写真:Getty Images】

大谷翔平の新人王には「同じ日本人として誇りに思っている」

■侍ジャパン 5-3 MLBオールスター(13日・マツダスタジアム)

 野球日本代表「侍ジャパン」とMLBオールスターチームが対戦する「2018日米野球」は13日、マツダスタジアムでの第4戦が行われ、MLB選抜として先発したドジャースの前田健太投手は2回を1安打2奪三振無失点の好投を見せた。古巣本拠地での凱旋登板を「久しぶりにこの球場で投げることができて、すごく幸せな時間でした」と振り返った。

 真っ新なマウンドに立ち2イニングをわずか22球で投げ終える貫禄のピッチングを見せた前田。カープファンからも大声援を受け凱旋登板を終え「久しぶりにこの球場で投げることができて、すごく幸せな時間でした。先発させてくれた監督にも感謝したい」と笑顔。

 約3年ぶりとなったマツダスタジアムのマウンド。メジャーでレベルアップした姿を見せつけた右腕は「すべての球種というのがレベルアップしてきていると思う。今日の結果が一番。しっかりとバッターを抑えることができて0点に抑えられたことが一番、成長した姿を見せられたと思う」と胸を張った。

 逆転を許した9回は広島コンビが活躍。同点打を放った田中広、決勝のスクイズを決めた菊池について「ピッチャーにとっても失点を防ぐのが難しい攻撃だった。田中、菊池は上手い選手。情報の少ないこういうゲームでは有効な攻撃。2人の息があったプレー」と賛辞を贈った。

 この日はエンゼルスの大谷翔平投手が日本人では4人目となる新人王を獲得。後輩の快挙に「1年目から成功を収め、新人王を取るってことは素晴らしいこと。同じ日本人として誇りに思っている」と称えていた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)