【日米野球】侍ジャパン広島コンビの活躍で逆転勝ち! 田中広の同点打、菊池が決勝スクイズ

「侍ジャパン」がMLB選抜に5-3で逆転勝ち 菊池涼介のセーフティスクイズで勝ち越し

記事まとめ

  • 「侍ジャパン」が「2018日米野球」でMLBオールスターチームと対戦し5-3で逆転勝ち
  • MLB選抜として先発マウンドに上がった前田健太投手は2回を1安打無得点に
  • 2連勝スタートを飾った侍ジャパンは対戦成績を3勝1敗としシリーズ勝ち越しに王手

【日米野球】侍ジャパン広島コンビの活躍で逆転勝ち! 田中広の同点打、菊池が決勝スクイズ

【日米野球】侍ジャパン広島コンビの活躍で逆転勝ち! 田中広の同点打、菊池が決勝スクイズ

侍ジャパン・田中広輔【写真:Getty Images】

2点差の9回に上林、田中広のタイムリーで同点、菊池のスクイズで勝ち越し

侍ジャパン 5-3 MLBオールスター(13日・マツダスタジアム)

 野球日本代表「侍ジャパン」とMLBオールスターチームが対戦する「2018日米野球」は13日、マツダスタジアムでの第4戦が行われ、侍ジャパンは5-3で逆転勝ちした。2点を追いかける9回に上林誠知外野手(ソフトバンク)、田中広輔内野手(広島)のタイムリーで同点に追いつくと、菊池涼介内野手(広島)がセーフティースクイズを決め勝ち越しに成功した。

 大瀬良は2回2死からホスキンスに右翼へ先制ソロを被弾したが、その後は崩れることなく、5回を投げて2安打3奪三振1四球1失点と好投。2番手の高橋礼投手(ソフトバンク)は6回を3者凡退としたが、7回は先頭アクーニャJr.(ブレーブス)を自身の送球ミスで出塁させ、二盗を許した直後に、ソト(ナショナルズ)に右翼へタイムリー二塁打を浴びた。

 一方、打線は苦戦を強いられた。MLB選抜として先発マウンドに上がった前田健太投手(ドジャース)に2回を1安打無得点に抑えられると、4回こそ2死から山川穂高内野手と森友哉捕手(ともに西武)が連打で一、二塁としたが、続く外崎修汰内野手(西武)が空振り三振。MLBオールスターの小刻み継投に苦戦した。

 だが8回、1死から秋山が左翼線に浅めの飛球を上げると、左翼手ソトがダイビングキャッチを試みるも失敗。打球を後逸する間に、グングン加速した秋山はそのまま本塁へ生還を果たした。続く菊池涼介内野手(広島)が中堅フェンス直撃の二塁打、柳田悠岐外野手(ソフトバンク)で1死一、二塁と絶好の同点機を作ったが、山川と森が連続空振り三振。追加点を挙げられなかった。

 8回には松井裕樹投手(楽天)が1点を失い、再び2点差に。それでも9回。先頭の代打・田中和基外野手(楽天)が四球を選びすぐさま二盗に成功すると、上林が中前タイムリーを放ち1点差に迫る。さらに1死二塁から田中広輔が中前適時打を放ち同点に追いついた。

 田中広は二盗に成功すると悪送球の間に三塁まで進塁。秋山は申告敬遠で1死一、三塁とすると菊池がセーフティースクイズを決め勝ち越しに成功した。さらに柳田の遊ゴロの間に1点を加えた。

 2連勝スタートを飾った侍ジャパンは第4戦でも粘りを見せ、これで対戦成績は3勝1敗としシリーズ勝ち越しに王手をかけた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)