【日米野球】侍J、9回スクイズは事前打ち合わせ通り 菊池提案「2球目くらいにどうですか?」

【日米野球】侍J、9回スクイズは事前打ち合わせ通り 菊池提案「2球目くらいにどうですか?」

9回に勝ち越しセーフティースクイズを決めた侍ジャパン・菊池涼介【写真:Getty Images】

稲葉監督は柳田の遊ゴロを高評価「今日の試合展開の中で非常に大きな意味」

■侍ジャパン 5-3 MLBオールスター(13日・マツダスタジアム)

 野球日本代表「侍ジャパン」とMLBオールスターチームが対戦する「2018日米野球」は13日、マツダスタジアムでの第4戦が行われ、侍ジャパンが5-3で見事な逆転勝利を飾った。同点に追いついた9回に、菊池涼介内野手(広島)が決勝のセーフティスクイズ。試合後、稲葉篤紀監督はベンチ内で事前に打ち合わせた通りの攻撃だったことを明かした。

 2点を追う9回。上林誠知外野手(ソフトバンク)、田中広輔内野手(広島)のタイムリーで同点に追いついた侍ジャパンは、なおも1死一、三塁の場面だった。打席に立った菊池は1ボールから2球目をセーフティスクイズ。万全のスタートを切った田中広が決勝ホームを踏んだ。

 この場面について、稲葉監督は「ベンチで菊池選手と『セーフィティスクイズあるよ』という話をしたら『2球目くらいにどうですか?』っていう話をしてくれまして。あそこで1ボールになったので、こちらからサインをしっかり出して、本人もそれを理解してくれた」と、事前の打ち合わせ通りの決勝点だったことを明かした。

 さらに、指揮官はその直後、1死二、三塁となった場面で、柳田悠岐外野手(ソフトバンク)が放った遊撃ゴロで挙げた1点を「今日の試合展開の中で、あの1点というのが非常に大きな意味を持ちます」と高く評価。1点を獲ることの大切さを日頃から説く指揮官は「あそこは迷いなく三塁ランナーはゴロゴーというサインを出して、とにかくもう1点を取りに行くという作戦。その中で柳田選手がなんとかゴロを打って足で稼いだ1点。これは日本らしく、これから続けていかないといけない作戦だと思いました」と大きく頷いた。

 最後まで諦めない姿勢で勝利をもぎ取った侍ジャパン。対戦成績を3勝1敗とし、シリーズの負け越しはないことが決まった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)