【日米野球】侍ジャパンが2回に“獅子おどし”打線で4点先制 源田が走者一掃の右翼線三塁打

【日米野球】侍ジャパンが2回に“獅子おどし”打線で4点先制 源田が走者一掃の右翼線三塁打

2回に先制三塁打を放った侍ジャパン・源田壮亮【写真:Getty Images】

先頭山川から西武打者4人で3点奪う

■侍ジャパン – MLBオールスター(15日・ナゴヤドーム)

 野球日本代表「侍ジャパン」とMLBオールスターチームが戦う「2018日米野球」は15日、ナゴヤドームで最終戦となる第6戦を行い、侍ジャパンは2回、源田壮亮内野手(西武)の走者一掃右翼線三塁打などで4点の先制に成功した。

 0-0で迎えた2回。侍ジャパンで“獅子おどし”打線がつながった。先頭の6番山川が四球で出塁すると、森が中前打、外崎が右前打で続き、無死満塁の絶好機を作る。ここで打席に立った9番源田はカウント2-2から6球目を捉え、右翼線いっぱいに入る走者一掃の三塁打とした。

 続く秋山は遊邪飛に倒れたが、1死三塁から菊池がセンターへ犠牲フライを上げ、三塁走者の源田が生還。この回に一挙4点の先制に成功した。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)