【日米野球】殊勲三塁打を放った源田、成長と手応え感じた6試合「本当に充実した期間だった」

【日米野球】殊勲三塁打を放った源田、成長と手応え感じた6試合「本当に充実した期間だった」

2回に先制三塁打を放った侍ジャパン・源田壮亮【写真:Getty Images】

メジャー投手に試行錯誤「前に飛ばせば何か起こる」

■侍ジャパン 4-1 MLBオールスター(15日・ナゴヤドーム)

 野球日本代表「侍ジャパン」とMLBオールスターチームが戦う「2018日米野球」は15日、ナゴヤドームで最終戦となる第6戦を行い、侍ジャパンが4-1で白星を飾った。2回に右翼線へ走者一掃の先制タイムリー三塁打を放った源田壮亮内野手(西武)は「本当に充実した期間だったなと思います」と振り返った。

 MLBオールスター投手たちの素速いモーション、力強いストレートにタイミングを狂わされながらも、試行錯誤を繰り返した。ヒントとなったのは、チームメイトでもある秋山翔吾のアプローチ。「いつもチームメイトの秋山さんのバッティングで今回はいつもより足上げを小さくしたり、タイミングの取り方を変えているのを見て、話を聞きながら、秋山さんみたいなバッターでもそういうことをするんだなっていう風に思った」と振り返る。

 海外投手を攻略するにはどうしたらいいか。「僕も始動を早くしてみたり、いつもよりボールを中に入れてみたり、いろいろ試してみて、(打球を)前に飛ばせば何か起こるのかなと感じた」と話す。実際、初スタメンに名を連ねた第2戦では2本の内野安打、最終戦のこの日も2打席目に二塁内野安打を記録するなど、打球を前に飛ばし、快足を生かして一塁を陥れた。この6戦でつかんだ「三振しない工夫」に「来年以降つなげられるような収穫があったかなと思います」と手応えを感じた。

 MLBオールスターチームを相手に5勝1敗と堂々たる成績で勝ち越しを決めた。

「メジャーリーガーを相手にここまで戦えるんだっていうことを、みんなそれぞれ感じたと思いますし、2年後に向けてさらにモチベーションが上がりました」

 2019年のプレミア12、2020年の東京五輪に向けて、今回の日米野球は大きなステップとなったに違いない。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)