ソフトバンク三森が現状維持でサイン 3年目の来季は「1軍をつかみ取りに行く」

ソフトバンク三森が現状維持でサイン 3年目の来季は「1軍をつかみ取りに行く」

契約更改に臨んだソフトバンク・三森【写真:藤浦一都】

新井コーチの教えに大きな手応え

 ソフトバンクの三森大貴内野手が19日、契約更改を行い現状維持の推定500万円でサインした。

 長身内野手として期待される三森は、今季2軍戦で50試合に出場した。契約更改の交渉を終えた三森は「球団からは『2年目の今年まではプロに慣れる段階。3年目の来年は1軍を狙っていけ』と言われました。自分としても3年目の来年は1軍をつかみ取りに行きたいと思います」と力強く語った。

 秋季キャンプからチームに加わった新井昌弘2軍打撃コーチの指導に大きな刺激を受けた。「1クールだけでしたけど、タイミングの取り方とかたくさん教えていただき、もともと自分がやりたかったバッティングだと感じました。台湾でのウインターリーグでもそれを取り入れて来年につなげていきたいです」という三森。

 来季のプランとしては「今年は左足首のケガもあったので、1年間戦い抜ける身体を作って、まずは2軍で3割を打ち、1軍に上がってアピールしていきたいです」と語った。(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

関連記事(外部サイト)