高い攻撃力で投手陣の脆弱性をカバー…データで今季を振り返る【西武編】

高い攻撃力で投手陣の脆弱性をカバー…データで今季を振り返る【西武編】

西武の得点と失点の移動平均グラフ

5失点以上しても勝率4割の圧倒的な得点力

 圧倒的な得点力で10年ぶりにパ・リーグを制した西武ライオンズ。今年のペナントレースにおける得点と失点の移動平均を使って、チームがペナントレースのどこでどのような波に乗れたかを検証してみます。移動平均とは、大きく変動する時系列データの大まかな傾向を読み取るための統計指標です。

 グラフでは9試合ごとの得点と失点の移動平均の推移を折れ線で示し、

得点>失点の期間はレッドゾーン
失点>得点の期間はブルーゾーン

 として表しています。

 開幕からとにかく打線が機能し、シーズン792得点(1試合平均5.54点)という驚異の得点力で、一度も首位を明け渡すことなくペナントレースを制しました。5月中旬に若干打線の湿りを示す部分も見えますが、それ以外は平均4点のラインを下回ることのないほどの得点力を発揮しています。

 それは、5失点以上した試合でも勝率が4割というデータにも現れています。

〇5失点以上した試合の勝率
西武 .400(24-36)
ソフトバンク .226(12-41)
日本ハム .164(9-46)
ロッテ .148(9-52)
楽天 .143(8-48)
オリックス .130(7-47)

 他チームに比べ、圧倒的に高い勝率を残しています。

 また、3点以上ビハインドの状況からの勝率を見てみましょう。

西武 .255(13-38)
ソフトバンク .128(6-41)
オリックス .093(5-49)
楽天 .088(5-52)
日本ハム .082(4-45)
オリックス .068(4-55)

 西武は逆境を跳ね返せる攻撃力があったことを伺わせます。つまり、投手の失点を打線がカバーし、勝利を収めているということです。また、逆転勝ち42回は12球団最多です。

防御率はリーグ最下位、先発は安定も救援陣が不安定

 ただ、これらのデータから、5失点以上の試合が60試合もあり、それだけ多く先制されているということも分かります。チーム防御率は4.24でリーグ最下位。チーム防御率リーグ最下位でのリーグ優勝は、2001年の大阪近鉄以来2度目になります。

 開幕当初は9連続クオリティスタート(QS=先発投手が6イニング以上を投げ、3自責点以内に抑える)を達成するなど、ペナント序盤は充実した先発投手陣の片鱗も見えました。実際、菊池雄星16、多和田真三郎14、榎田大樹13とQSを稼ぎ、先発ローテーションを通年で担えたことも優勝の大きな要因となっています。

 ただ、前半戦から救援投手陣が安定せず、打線が大きなリードを奪っても、そのリードを食い尽くすような戦いぶりも目立っていました。5月中旬から交流戦前までは、その失点を上回る得点を稼いで凌いできた様子がグラフから伺えます。救援陣が炎上し、防御率が5点台にまでなった時期もあったほどです。

 しかし、後半からはヒース、マーティン、小川龍也など新加入投手の活躍によって救援陣に改善の兆しが見えてきました。7月下旬から8月前半にかけてのレッドゾーンで確固たる首位固めを行い、9月以降ソフトバンクの猛追にも、直接対決での5連勝を含む12連勝で振り切り、9月30日、無事に優勝を遂げたのです。

 クライマックスシリーズは、ソフトバンクに大量失点を喫するなどペナントレースで垣間見せた防御力の脆弱性を突かれた形での敗戦となりました。来季以降はこれをどう改善するかがポイントとなりそうです。

捕手・森の高い得点能力が攻撃力アップに貢献

 次に、西武の各ポジションの得点力が、両リーグ平均に比べてどれだけ優れているか(もしくは劣っているか)をグラフで示してみました。そして、その弱点をドラフトでどのように補ってみたのかを検証してみます。

 グラフは、野手はポジションごとのwRAA(平均的な打者が同じ打席数立った場合に比べて増やした得点を示す指標)、投手はRSAA(特定の投手が登板時に平均的な投手に比べてどの程度失点を防いでいるかを示す指標)を表しており、赤ならプラスで平均より高く、青ならマイナスで平均より低いことになります。

 今年の西武は、レフトとDH以外はプラス評価となっています。特に今季は森友哉が捕手として74試合に出場し、OPS.707、本塁打16と平均的な捕手よりも高い得点力を発揮したことが大きなアドバンテージとなりました。また一塁(山川穂高)、二塁(浅村栄斗)、センター(秋山翔吾)でも、大きなアドバンテージを得ています。

 それに対して、投手陣は先発、救援ともにマイナス評価となっています。本拠地メットライフドームのホームランパークファクターが1.30と、パ・リーグで最もホームランの出やすい球場というハンデはあるにせよ、被本塁打148はリーグワースト2位ですし、与四死球590もワースト2位、K/BB(奪三振/与四球比率)1.90はパ・リーグで唯一2以下という数値でリーグ最下位です。

 そこでこの弱点を埋めるべく、ドラフト会議では首都大学リーグに所属する日本体育大学で1年からエース級の活躍をし、2年春にはリーグMVPを獲得するなどで大学NO1投手として呼び声が高かった松本航を単独で1位指名しました。また、2位には地元浦和学院高校の大型右腕・渡辺勇太朗を、4位、6位に即戦力と目される投手を指名するなど、当面の弱点である投手補強に力を入れた指名と見受けられます。

 FAで二塁手の浅村栄斗の離脱が確定しました。捕手の炭谷銀仁朗も移籍する可能性が高いとされています。特にwRAAが30以上の浅村の攻撃力が、同一リーグの楽天に移動するというのは西武にとってかなりの痛手でしょう。当面はセカンドとして外崎修汰が起用されることになるのでしょうが、この事態を見越していたかのように、3位で三菱自動車岡崎のセカンド・山野辺翔、5位で遊学館高の捕手・牧野翔矢を指名しています。現時点の戦力不足を補うという意味では、意義のあるドラフトと言えるでしょう。(鳥越規央 / Norio Torigoe)

鳥越規央 プロフィール
統計学者/江戸川大学客員教授
「セイバーメトリクス」(※野球等において、選手データを統計学的見地から客観的に分析し、評価や戦略を立てる際に活用する分析方法)の日本での第一人者。野球の他にも、サッカー、ゴルフなどスポーツ統計学全般の研究を行なっている。また、統計学をベースに、テレビ番組の監修や、「AKB48選抜じゃんけん大会」の組み合わせ(2012年、2013年)などエンターテインメント業界でも活躍。JAPAN MENSAの会員。一般社団法人日本セイバーメトリクス協会会長。
文化放送「ライオンズナイター(Lプロ)」出演
千葉ロッテマリーンズ「データで楽しむ野球観戦」イベント開催中

関連記事(外部サイト)