「ぐんま野球フェスタ2019」初開催 仁志氏の野球教室、野球肩肘検診など実施

「ぐんま野球フェスタ2019」初開催 仁志氏の野球教室、野球肩肘検診など実施

「ぐんま野球フェスタ2019」がALSOKぐんま総合スポーツセンターで初開催される

1月5日に前橋で実施、子供から大人まで県内外問わぬ無料イベント

 子供から大人まで老若男女問わず県内外から参加できる「ぐんま野球フェスタ2019」が、2019年1月5日に群馬県前橋市にあるALSOKぐんま総合スポーツセンターで初開催される。基本的な参加料は無料で行われる「野球を楽しむためのイベント」で、野球経験の有無にかかわらず幅広い子供や大人の参加を呼び掛けている。

 イベントを主催するのは、群馬県館林市にある慶友整形外科病院の古島弘三医師。プロ野球選手の肩肘の検診・手術を数多く手掛ける古島医師は、同時に小学生や中学生といった早期段階で肩肘に障害を抱え、野球を諦めなければならない子供たちと接してきた。その主な原因は、成長段階である体に対する練習過多や投球過多だ。子供たちが抱える障害の多くは、指導者がしっかり知識を持てば防げるもの。子供たちに長く楽しく野球を続けてもらうため、大人に正しい知識を身につけてもらうため、そして野球を広く普及させるために、今回のイベント開催に至った。

 イベントでは、侍ジャパンU-12代表の仁志敏久監督が講演会と指導者向け野球教室を開催したり、侍U-12代表の川島浩史トレーナーによる子供向けのトレーニング指導、野球肩肘検診(エコー検診)、スポーツ栄養指導、高校生による野球教室などの他、野球未経験者を対象とした野球体験が終日行われる。

 仁志氏による指導者向け野球教室、川島氏によるトレーニング指導の参加は、イベント公式サイトから事前の予約が必要。野球肩肘検診(エコー検診)も事前予約しておくことが望ましい。

 スポーツ少年団に所属する軟式野球チームの指導者にはライセンス制度を取り入れたり、球数制限を取り入れるなど、子供の健康と野球普及に向けてさまざまな取り組みを行っている群馬県で、また新たなムーブが生まれそうだ。

○ぐんま野球フェスタ2019
開催日時:2019年1月5日 10:00〜16:00
開催場所:ALSOKぐんま総合スポーツセンター
参加対象:年長から小学生、保護者、指導者、野球関係者など(県内外、野球経験の有無は問わず)
プログラム:仁志敏久氏記念講演会、野球肩肘検診、障害予防・ストレッチ指導、スポーツ栄養指導、野球医学の話、基本トレーニング指導、U-12野球トレーニング、野球教室(指導者向け)、高校生による野球教室、野球未経験者向け野球体験など
問い合わせ:慶友整形外科病院内ぐんま野球フェスタ事務局(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)