鷹・柳田はあらゆる数字で上位…パ“表彰されない部門別ランキング”【打撃編】

鷹・柳田はあらゆる数字で上位…パ“表彰されない部門別ランキング”【打撃編】

ソフトバンク・柳田悠岐【画像:(C)PLM】

柳田は左投手を苦にせず、「得点圏で最も勝負強さを発揮した打者」は西武外崎?

「野球は数字のスポーツ」と言われる。今季も、選手の特徴や凄味を示す数字がとりどりと残された。27日に「NPB AWARDS 2018 supported by リポビタンD」で表彰された項目以外にも、知っていれば野球の面白さが深まる打者の部門別ランキングベスト3を紹介しよう。(※率系項目は規定打席到達者29人が対象)

◯対左投手打率
1柳田悠岐(ソフトバンク) .355
2浅村栄斗(西武) .328
3井上晴哉(ロッテ) .325

 柳田は打率だけでなく、長打率、出塁率も対右投手とほぼ同じ数値だった。初めて規定打席に到達した2014年以降で対戦打率が3割を切ったのは1度だけと、左腕を苦手にしていない。1軍の主力級ではオリックスの安達、大城が共に打率1割台と苦戦しており、T-岡田も50打数9安打で長打なし。チーム再編のポイントにもなりそうだ。

◯得点圏打率
1柳田悠岐(ソフトバンク) .389
2浅村栄斗(西武) .369
3外崎修汰(西武) .360

「SMBC日本シリーズ 2018」や「日米野球2018」でも印象的な一発を放って役者ぶりを見せつけた柳田は、シーズン中も変わらず勝負強さを発揮していた。とはいえ「得点圏で最も勝負強さを発揮した打者」と呼べるのは、シーズン通算打率からの上昇値でリーグトップ(.073)を記録した外崎か。満塁時は浅村が打率.600(10打数6安打)と大暴れだった。

◯初球打ち打率
1島内宏明(楽天) .545
2近藤健介(日本ハム) .529
3外崎修汰(西武) .460

 基本的に初球は打者が有利。秋山(西武)は33安打、柳田(ソフトバンク)は11本塁打でそれぞれ最多と早めの仕掛けが奏功した。初球打ちが最も多かったのは102打席の上林(ソフトバンク)。角中(ロッテ)は18打席のみと初球打ち自体が少なかったが、打率.188はワーストで、2ストライク後の方が高打率(.233)だった。

2ストライク打率、本塁打率は…

◯2ストライク打率
1中村晃(ソフトバンク) .277
2近藤健介(日本ハム) .275
3源田壮亮(西武) .265

 1位の中村と2位の近藤は、今季放った全安打の半分以上が2ストライク後に放ったもの。中村と3位の源田は追い込まれても、ともにシーズン打率(.292/.278)と遜色ないという粘り強さを発揮した。持ち前のパワーを開花させた井上(ロッテ)は、2ストライク後もリーグ最多である12本塁打&36打点をマークする粘り腰を見せた。

◯空振り率
1近藤健介(日本ハム) 4.0%
2中村晃(ソフトバンク) 4.3%
3西川遥輝(日本ハム) 5.5%

 イメージどおり、コンタクト能力に秀でたタイプの打者が上位3傑に並んだ。いずれも今季は三振との差10以内の四球を選んでおり、打席内での生産性は突出して高い。ワースト15.0%の松田(ソフトバンク)は近藤とほぼ同等の打席数ながら、空振り数は336対104と3倍以上の開き。ファウルの数は源田(西武)の535球が最多だった。

◯本塁打率
1山川穂高(西武) 11.51
2柳田悠岐(ソフトバンク) 13.19
3デスパイネ(ソフトバンク) 14.03

 本塁打1本を放つために要した打数が最も少なかった山川は、昨季(12.73)を上回るペースで量産。2位の柳田に10本以上の大差をつける47本を放ち、タイトルを獲得した。リーグ最多の202本塁打を放ったソフトバンク勢からは、上記2人に4位の松田が続く。3人で記録した97本塁打は、ロッテ打線が放った全78本を上回った。

◯四球率
1近藤健介(日本ハム) 15.7%
2西川遥輝(日本ハム) 15.1%
3山川穂高(西武) 13.6%

 日本ハムの主力打者2人がワンツー。四球の数は西川がリーグ最多の96個、近藤は同3位の87個だったが、打席数に占める割合では後者が上回った。山川はリーグ最多の138三振を喫したが、四球と同様に死球も多く、四死球104ではトップに位置する。3年連続リーグトップの数値を記録していた柳田は8位(11.3%))まで後退した。

◯三振率
1銀次(楽天) 8.5%
2鈴木大地(ロッテ) 9.85%
3島内宏明(楽天) 9.93%

 楽天の2人は、いずれも三振より多くの四球を選ぶ生産性の高さ。島内の空振り83回は最も少ない。鈴木は前年(14.5%)から約5%も改善させた。特筆すべきは5位の吉田正尚(オリックス)で、自己最多の26本塁打を放ちながら12.4%に収めている。これより低い数値を記録した20ホーマー超えの打者は、過去10年のパ・リーグでは皆無だ。

複数安打回数は西武の“安打王”が貫禄の1位

◯平均被投球数上位
1近藤健介(日本ハム) 4.73球
2西川遥輝(日本ハム) 4.49球
3角中勝也(ロッテ) 4.43球

 四球率と同様に、日本ハムの巧打者2人が相手投手に投げさせた球数で1、2位を占めた。近藤選手は2626球を投じられて空振りはわずか104回、西川はリーグ最多の1189球もボールを選ぶなど、共に抜群の選球眼で打線の得点力を高めている。角中は相手投手に多くの球数を投げさせるが、四球はあまり多く選ばない独自のスタイルを貫く。

◯複数安打回数
1.秋山翔吾(西武) 61回
2.浅村栄斗(西武) 50回
3.源田壮亮(西武) 49回
3.柳田悠岐(ソフトバンク) 49回

 秋山は複数安打を放った回数だけではなく、3安打(13回)、4安打(4回)でもそれぞれ最多を記録するなど、“安打王”の面目躍如。猛打を振るった西武打線の1〜3番が、上位に名を連ねている。柳田は4月21日のサイクル安打達成を含む5安打が2度あり、今季唯一、複数回を記録。マルチ本塁打では、山川の5度が最多だった。

◯殊勲安打回数
1浅村栄斗(西武) 28回
1柳田悠岐(ソフトバンク) 28回
3吉田正尚(オリックス) 27回

 打点王に輝いた浅村と、最多15本の殊勲本塁打を放った柳田がトップで並んだ。殊勲安打の内訳は、以下がそれぞれの最多。先制打→中田(日本ハム)の19本、同点打→吉田正の11本、勝ち越し打→松田(ソフトバンク)の10本、逆転打→秋山と大田(日本ハム)の5本、サヨナラ打→森(西武)の3本。

◯内野安打
1源田壮亮(西武) 29本
2中島卓也(日本ハム) 22本
3上林誠知(ソフトバンク) 21本
3中村晃(ソフトバンク) 21本
3近藤健介(日本ハム) 21本
3茂木栄五郎(楽天) 21本

 前年に27本で2位の源田がトップに立ち、一昨年の金子侑司(32本)、前年の秋山(28本)に続いて西武の選手がV3。2位の中島卓は全安打に占める内野安打の比率で最高の21.6%をマークした。上林はバント安打で最多の9本を記録。ソフトバンク打線は202本塁打だけでなく、内野安打137本もリーグ最多と足でも稼いだ。(「パ・リーグ インサイト」藤原彬)

(記事提供:パ・リーグ インサイト)

関連記事(外部サイト)