昨オフにはNPB球団も関心 元レ軍のMLB43発トミー・ジョセフが韓国LG入り

昨オフにはNPB球団も関心 元レ軍のMLB43発トミー・ジョセフが韓国LG入り

3月まではフィリーズに所属していたトミー・ジョセフ【写真:Getty Images】

レッドソックスのジャスティン・ヘイリーはサムスンと契約

 レンジャーズからFAとなっていたトミー・ジョセフ内野手が、韓国のLGツインズへと移籍することになった。27日(日本時間28日)に、米ヤフースポーツのジェフ・パッサン記者が伝えた。

 米最大の移籍情報サイト「トレード・ルーモア」は「この(エージェント会社)ジェット・スポーツ所属の選手はこの契約により100万ドルが保証されることになる。外国人選手がKBOの球団と初年度に結ぶ契約における最高限度の金額である」と伝えている。

 現在27歳のジョセフ。昨季、フィリーズで142試合に出場し、打率.240、22本塁打を放つ活躍を見せ、オフには韓国だけでなく、日本の球団からも関心を持たれていた。だが、同サイトによれば、ジョセフ自身がメジャー復帰を目指していたために、移籍は実現することはなかったという。

 3月にはフィリーズを退団となり、レンジャーズに移籍。だが、今季はメジャー出場はなし。3Aでは84試合に出場し、打率.284、21本塁打を放っていたが、シーズンを通じてマイナーで暮らすこととなり、オフにFAとなっていた。

 また、同サイトは、レッドソックスのジャスティン・ヘイリー投手が同じく韓国のサムスン・ライオンズと契約したことも合わせて伝えている。ヘイリーは今季メジャーで4試合に登板した右腕。マイナーでは22試合に先発して、6勝8敗、防御率3.80の成績を残している。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)