ロッテ新助っ人が「BRANDON 85」のユニ公開 「ファーストネームに戻った」

ロッテ新助っ人が「BRANDON 85」のユニ公開 「ファーストネームに戻った」

ロッテに加入したブランドン・マン【写真:Getty Images】

米国では「MANN」でプレー、カタカナで「ブランドン」と綴る

 ロッテの新助っ人ブランドン・マン投手が31日、自身のインスタグラムで今季のユニホームの写真を公開。登録名がDeNA(横浜)時代と同じファーストネームの「ブランドン」になることをあらためて報告している。

 ブランドンは背中に「BRANDON 85」と文字が入ったユニホームの写真を公開。「ユニホームの背中がファーストネームに戻りました」と報告し、カタカナで「ブランドン」と綴った。

 ブランドンは2010年オフに横浜にテスト入団し、2年間で28試合登板、3勝9敗、防御率4.27の成績をマーク。退団後はNPB復帰を目指してBCリーグ信濃でもプレーした。昨季はレンジャーズに所属し、33歳にしてメジャーデビュー。今年は7年ぶりに日本球界に復帰した。

 米国ではラストネームの「MANN」を背負っていたが、NPBでは日本のファンが慣れ親しんだ「BRANDON」でマウンドに上がる。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)