昨季の日本Sで激突した鷹と広島が…“呉越同舟”、同じ飛行機でキャンプ地入り

昨季の日本Sで激突した鷹と広島が…“呉越同舟”、同じ飛行機でキャンプ地入り

広島・緒方孝市監督(左)とソフトバンク・工藤公康監督【写真:荒川祐史】

ソフトバンクは宮崎入り後、市内中心部で歓迎パレードを行う

 昨季、2年連続日本一に輝いたソフトバンクは31日、春季キャンプを行う宮崎に向けて出発した。工藤公康監督と主力組が集うA組の中心メンバーやベテラン勢が2便に分かれて空路、宮崎へ。B組メンバーやコーチ陣はバスに分乗して、陸路で宮崎へと移動した。ソフトバンクは宮崎入り後、宮崎市中心部で昨季の日本一を祝した歓迎パレードが行われる。

 この日、工藤監督や柳田悠岐外野手、松田宣浩内野手ら中堅、ベテラン選手と助っ人勢は出発の遅い2便目に搭乗。この便には、広島ナインも搭乗しており、緒方孝市監督や大瀬良大地投手らが続々と機内へと乗り込んだ。同じ宮崎県内でキャンプを貼るソフトバンクと広島が“呉越同舟”でキャンプ地入りするのは珍しいことではない。とはいえ、昨季、日本シリーズで激突した両チーム。なんともプロ野球ファンにとっては“豪華”な顔ぶれだった。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)