【高校野球】根尾、万波と並び1年夏から注目された男 東海大甲府・小野寺瑞生が進む道

【高校野球】根尾、万波と並び1年夏から注目された男 東海大甲府・小野寺瑞生が進む道

東海大甲府を卒業し東京農業大学に進学する小野寺瑞生【写真:楢崎豊】

一時は野球を続けるか迷うも東京農業大学に進学「野球をやっていてよかったと思えるように」

 昨夏、東海大甲府で背番号1を付け甲子園を目指した小野寺瑞生選手が、このほど同校を卒業し、4月から東都大学野球連盟二部リーグの東京農業大学に進学する。川崎中央リトルシニア時代は中学生ながら投手では143キロを投げ、打者では長打力も注目された“二刀流”プレーヤーだった。高校時代は2度、県大会の決勝で敗れ、甲子園出場は夢と消えたが、大学野球という次のステージへと向かう小野寺に高校野球の3年間やこれからの野球への思いを聞いた。

 約2年半、汗を流したグラウンドに別れを告げ、小野寺は高校を卒業した。そのグラウンドを横目に、思いを巡らせた。

「自分の納得のいく結果が出せなかったですね。一回でもいいので甲子園に出てみたかったです」

 1年夏から背番号をもらい、山梨県大会でベンチ入り。敗れはしたが、リリーフで決勝のマウンドにも立った。1年時は投手。2年秋からは打者中心。3年春からは再び投手。昨夏の大会は背番号1を付けたが、自分の思い描く投球はできず、チームも準決勝で帝京三に敗れた。目指した100回の夏の甲子園にも出場できなかった。

 輝いた時期がなかったわけではない。1年夏から出場した公式戦ではデビューを果たし、2回戦で1イニング2奪三振と力投。タイムリーも放った。2年の秋季山梨大会準決勝、駿台甲府高戦では同点の9回裏に関東大会への出場を決めるサヨナラホームランを豪快に放ったこともある。秘める能力が高いことは間違いなかった。

「投手だったら1年生の時の調子はよかったです。今思うと3年生がいる中でメンバーに入れさせてもらって、無我夢中、考える余裕がないというか、自分のプレーを一生懸命やることしか頭にはありませんでした。新チームになり、プレーに対して考える時間が増えてしまって……」

 自分で悩みすぎてしまい、思うように頭と体が一致しなくなっていった。最上級生が引退してから、エースとして期待されたが、伸び悩んだ。中学時代に横浜スタジアムの上段に運ぶほどのパワーの持ち主とあって、2年秋からはチームは打者専念の方針とした。4番に座り、通算で20本近い本塁打を放った。

「もともと、投手として入部したので、思ったようなボールが投げられなかったこともあり、投手をやっていて時間は苦しい思いの方が強かったですね。野球をしていて楽しいな、と思えたのは2年秋に県大会優勝をしたことくらいだったかもしれません」

野球を続けるか、辞めるのか。父親と本音をぶつけ合って気づいたこと

 だから、野球を続けるか、迷った。4年間、同じように苦しむのなら、別の道も考えたかった。18歳の青年ならそういう考えになっても仕方がない。高校野球引退後に見た同学年たちが戦う100回大会の夏の甲子園をテレビ観戦した時は「純粋に大阪桐蔭、金足農の投手(吉田)はすごいな、と思って、一観戦者として見ていました」と振り返る。強がりではない。それだけ気持ちが野球からもう離れてしまったということを示していた。

 隣では父の智さんが一緒に野球を見ていた。小さいころから一番近くで小野寺の野球を見ていた存在だ。ある日、進路について、言い争いになったという。野球を続けた方がいいのではないかという智さんの考えに小野寺は反対した。

 しかし、最終的には父の意見に納得した。野球を大学で続けることを決めた。もう揺らぐことのない気持ちにさせてくれた、心に響く言葉があったからだった。智さんからこう言われた。

「プレッシャーや結果だけで、野球を嫌いになってほしくないんだよ」

 高校野球をやっている間、寮生だったこともあり、親と本音で意見のぶつかり合いをしてこなかった。父からは言葉では「活躍してほしい」と言われてはいたが、野球を通じて人間的な成長を望んでいたことを知った。

「親が見ているから、結果を出そうとか思っていたけど、それは自分の考えすぎでした。誰かのためにという感じで、自分のために野球をやっていなかったんだなって思いました。周りから期待されているからやっている感じでした」

 中学時代から根尾(中日)、万波(日本ハム)らとともに注目され、高校進学後も行く先々で、好奇の視線を浴びた。応援してくれる人からでも「頑張って」と言われることが重圧にもなった。周囲からの期待が力に変わることはなかった。

 でも、もうそんな自分とはサヨナラする。

「親の言葉もそうですが、どうせ終えるならば、プロでも大学でも、野球をやっていてよかったという実感を持ちたいな、と。不甲斐なく終わったので、最後は野球をやっていてよかったなと思いたいです。中学から高校までのことはもうリセットです。大学からは新たな自分として、一野球人として、4年間、進んでいきたいと思います」

 恵まれた体や能力を持っていても、心が折れてしまってはよいパフォーマンスは生まれない。心優しい18歳の青年は今までプレッシャーと闘ってきた。だが、喜びも苦しみも経験した3年間は、必ずこれからの4年間の礎になるだろう。

 小野寺は再び、野球に寄り添い、新しい一歩を力強く踏み出した。(楢崎豊 / Yutaka Narasaki)

関連記事(外部サイト)