巨人今村がイチローに全球直球勝負だったワケ「ストレート一本でスーパースターと」

巨人今村がイチローに全球直球勝負だったワケ「ストレート一本でスーパースターと」

イチローを無安打に封じた巨人・今村信貴【写真:AP】

今村は5回100球1失点と粘投 イチローを中飛、ニゴロに仕留める

 巨人の今村信貴投手が17日、東京ドームで行われたマリナーズとのプレシーズンゲームで先発登板。5回100球、6奪三振2四球、5安打1失点と粘投した。

 少年時代からスターだったイチローとは全て直球勝負。2回の第1打席は中飛、4回の第2打席はニゴロに仕留めた。「イチローさんとは貴重な時間を過ごさせていただきました。全球ストレートで勝負させてもらった。楽しめた、とまではいきませんけど、貴重な時間だった。こねくり回すというよりも、ストレート一本でスーパースターと勝負したかった」と振り返った。

 原監督は今村について「ボールそのもののパワーが増し、何より今日もコントロールに苦しんでいましたけど、粘り強くね。投手の基本は点を与えないこと。私のいない3年間で非常に成長した1人だと思いました」と笑顔。続けて「今日のような大舞台、メジャーリーグを相手にして戦ったというのも、ジャイアンツにとっても彼にとっても非常に大きなキャリアとして残るのかなと思います」と今後の飛躍を期待した。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)