巨人岡本4戦ぶり安打「うれしかったわぁ」 生イチローに「全部すごい」

巨人岡本4戦ぶり安打「うれしかったわぁ」 生イチローに「全部すごい」

巨人・岡本和真【写真:Getty Images】

第4打席に右翼へ二塁打、12日ホークス戦以来のヒット

 巨人の岡本和真内野手が17日、「2019 MGM MLB 開幕戦 プレシーズンゲーム」マリナーズ戦に「4番・三塁」で先発。8回の第4打席に右翼へ二塁打を放ち、4戦ぶりのヒットに「うれしかったわぁ」と笑顔を浮かべた。

 前日までオープン戦は打率.150と落ち込んでいた。16日のヤクルト戦では4打席中3打席で出塁したが、2つの四球と1つの死球。12日のソフトバンク戦、第3打席に放ったセンターへのタイムリー以来、3試合続けてバットから快音が響くことはなかった。

 この日も2回先頭の第1打席は空振り三振、4回先頭の第2打席こそ四球で出塁して2点目のホームを踏んだが、5回の第3打席も二飛に倒れていた。だが、3点を追う8回の第4打席、2球で追い込まれた後に1球ファウルで凌いだ4球目だった。打球は途中から右翼を守るムーアの拙守を誘う二塁打に。岡本は「1本出て何かが変わるということもあると思うので。いい方向にいけばいいなと」と、この一打をきっかけに開幕に好調の波を合わせる気構えだ。

 この日は“レジェンド”的存在のマリナーズ、イチロー外野手のプレーを間近で見た。岡本は満面の笑みを浮かべながら「全部すごい。かっこいい」と喜びを隠さず。巨人の第89代目の4番打者が、野球少年の一面を垣間見せた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)