日ハム斎藤佑が好投! アスレチックス重量打線を初回は無安打無失点

日ハム斎藤佑が好投! アスレチックス重量打線を初回は無安打無失点

日本ハム・斎藤佑樹【写真:荒川祐史】

1死からチャップマンに四球与えるも後続断つ

 日本ハムの斎藤佑樹投手が18日、アスレチックスとの「2019 MGM MLB 開幕戦 プレシーズンゲーム」で先発。初回は1死から四球を与えたが、打者4人で無安打無失点に抑えた。

 大きな拍手に包まれてマウンドに上がった斎藤は、先頭グロスマンを1ボール2ストライクから4球目の外角チェンジアップで遊撃ライナーに打ち取ると、続くチャップマンはフルカウントから7球目が外角に外れて四球。3番のオルソンは1ボール2ストライクから4球目低めスライダーでハーフスイングを誘い、空振り三振とした。最後は、昨季48発の本塁打王デービスを1ボールから2球目高め真っ直ぐで中飛に打ち取り、無失点とした。

 プロ9年目を迎える30歳右腕は昨季、1軍登板が3試合にとどまり0勝1敗に終わった。復活を期す今季は、ここまで実戦3試合に登板して7イニングを投げて無安打無失点と好投を続けており、これで8イニング連続ノーヒットとなった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)