阪神ガルシア3回3安打1失点で降板 2回には右股関節を気にする仕草も

2回1死一塁で大和へ4球目を投げた直後にトレーナーがマウンドへ

■DeNA – 阪神(オープン戦・19日・横浜)

 阪神のオネルキ・ガルシア投手が19日、DeNAとのオープン戦に先発し3回3安打1失点で降板した。

 ガルシアは初回1死から楠本に中前打を浴び連続四球でいきなり1死満塁のピンチを背負ったがロペスを空振り三振、ソトを中飛に抑え無失点で切り抜けた。

 1点リードで迎えた2回も1死から山本に中前打を浴びたが、大和を空振り三振、一走の山本も盗塁死となり結果的に3人で終えた。3回は先頭の桑原に右翼席へソロを浴び1点を失った。

 3回3安打1失点、54球でマウンドを降りた助っ人左腕。2回1死一塁の場面では大和へ4球目を投げ込んだ直後にタイムが掛かりトレーナーがマウンドへ。右股関節を気にする仕草を見せていた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)