ロッテドラ1藤原、OP戦初長打&初打点 満塁チャンスで走者一掃三塁打

ロッテドラ1藤原、OP戦初長打&初打点 満塁チャンスで走者一掃三塁打

OP戦初の長打を放ち、初打点をマークしたロッテ・藤原恭大【画像:(C)PLM】

6回の最初の打席で左中間を破る痛烈な当たり

■西武 – ロッテ(オープン戦・19日・メットライフ)

 ロッテのドラフト1位ルーキー藤原恭大外野手が、OP戦初の長打を放ち、初打点をマークした。19日、メットライフドームで行われた西武とのオープン戦。5回から代走で途中出場していた藤原は6回に左中間を破る走者一掃の適時三塁打を放った。

 5回に四球で出塁した角中の代走として途中出場した藤原。最初の打席は6回に巡ってきた。岡が四球、加藤が二塁打、井上が四球を選んで迎えた1死満塁のチャンス。1ボールからの3球目、相内が投じた2球目の真っ直ぐを捉えると、鋭い当たりは左中間の真ん中を破った。

 3人の走者は次々と生還。藤原自身も俊足を飛ばして三塁を陥れ、走者一掃の適時三塁打となった。この試合までオープン戦9試合で21打数4安打、打率.190だった藤原。この三塁打がオープン戦で初となる長打、そして初打点を記録する一打となった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)