中日大野雄、7回3安打1失点の好投 開幕ローテ入りへ順調

オープン戦2試合で防御率1.50

■中日 – オリックス(オープン戦・19日・ナゴヤドーム)

 中日の大野雄大投手が19日、本拠地ナゴヤドームで行われたオリックスとのオープン戦に先発し、7回1失点と好投した。開幕ローテ入りが有力な左腕はオープン戦2度目の先発で、最長の7イニングを投げてオリックス打線をわずか3安打に封じた。

 復活を期す左腕が好投した。初回はメネセスに左前安打を許したが、吉田正を二ゴロに打ち取って無失点。3回に捕逸で1点を失ったものの、4回以降は4イニング連続で3者凡退に封じて1人の走者も許さない圧巻の投球を見せた。

 7日のDeNA戦でも5回を投げて4安打2失点とまずまずの好投を見せており、2試合連続での好投。7回を3安打5奪三振1失点だった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)