広島、ドラ1小園→堂林→バティスタで衝撃3者連続弾 9回に4点差を追いつく

広島、ドラ1小園→堂林→バティスタで衝撃3者連続弾 9回に4点差を追いつく

広島・小園海斗【写真:荒川祐史】

ヤクルト石山から3連発、堂林は開幕スタメンへ猛アピール

■ヤクルト – 広島(オープン戦・21日・神宮)

 広島の堂林翔太内野手が21日、敵地ヤクルト戦でオープン戦1号のソロ弾を放ち、開幕スタメンへアピールした。広島はドラフト1位ルーキーの小園海斗内野手、堂林、サビエル・バティスタ外野手の3者連続本塁打で9回に同点に追いついた。

 4点を追う9回、広島はドラフト1位ルーキーの小園がライトへの2ランを放つ。レフトスタンドに陣取った広島ファンから大歓声が沸き起こる中、続く堂林が打席へ。1ストライクからの2球目、ヤクルト守護神・石山の外角へのスライダーを捉え、レフトスタンドに運んだ。

 さらにバティスタはカウント2-2から外角高めの直球をフルスイング。打球はバックスクリーンに着弾し、3者連続本塁打となった。黄金ルーキーからの衝撃の3連発で土壇場で同点に追いついた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)