MLBレジェンドらが野球教室 ア軍選手はイチローの“完コピ”披露「昔真似した」

MLBレジェンドらが野球教室 ア軍選手はイチローの“完コピ”披露「昔真似した」

「フェアプレー・チャレンジ」に参加したMLBレジェンドのリッキー・ヘンダーソン氏ら【写真:編集部】

ヘンダーソン、グリフィーらが野球少年との交流イベント「フェアプレー・チャレンジ」に参加

 マリナーズとアスレチックスによる21日の「2019 MGM MLB開幕戦」第2戦に先駆けて、東京ドームでは元アスレチックス外野手のリッキー・ヘンダーソン氏、元マリナーズ外野手のケン・グリフィー・ジュニア氏らMLBのレジェンドと現役メジャーリーガーが、日本の野球少年との交流イベント「フェアプレー・チャレンジ」に参加した。

 MLBが主催している小学4、5年生が対象の「MLBカップ」に参加している野球少年40人を東京ドームのフィールドに招待。米国野球殿堂入りしているレジェンドコンビに加え、アスレチックスのスティーブン・ピスコッティ外野手、マット・チャップマン内野手、元マリナーズ投手のマック鈴木氏、元アスレチックス投手の岡島秀樹氏という豪華メンバーと「ミニゲーム」で共演し、フェアプレーの重要さを伝えた。

 ミニゲームとはプラスチック製のバットとボールで行うレクリエーション形式のゲーム。MLBが掲げているフェアプレー精神、スポーツと純粋な気持ちで向き合う心作りを目的に推進している。

「日本の子供たちと触れ合う機会ができたのはすごく楽しかった。子供の頃を思い出したよ」

 笑顔を浮かべたのは、20日の開幕戦で本塁打を放っていたピスコッティ。ミニゲームでは右打ちながら、左打席に立ち、バットを目の前に突き立てるマリナーズのイチロー外野手の打撃ルーティンを披露。しかも、コンタクトの直前から一塁方向に猛ダッシュする完コピぶりで、子供たちの喝采を浴びていた。「昔は真似したものだよ」と旺盛なサービス精神を披露していた。

 メジャー最多盗塁記録を誇るヘンダーソン氏は子供たちに「いいチームメートになることが大切です。仲間の調子が悪い日には肩を叩いて、手を差し伸べてあげる。自分の調子が悪い時にはチームメートが助けてくれる。チームメートのことを思ってプレーしてください」とメッセージを送ると、日本の野球少年たちは真剣な表情で聞き入っていた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)