【MLB】菊池雄星、デビュー戦の初回は3者凡退の快投! 最後はイチローへの右飛で3アウト

【MLB】菊池雄星、デビュー戦の初回は3者凡退の快投! 最後はイチローへの右飛で3アウト

メジャー初登板初先発のマリナーズ・菊池雄星【写真:Getty Images】

東京ドームでメジャーデビュー、イチローの捕球に菊池は拍手

■アスレチックス – マリナーズ(21日・東京ドーム)

 マリナーズの菊池雄星投手が21日、「2019 MGM MLB日本開幕戦」第2戦(東京ドーム)でメジャーデビューを果たした。先発のマウンドに上がり、初回は3者凡退。イチロー外野手が右翼を守る中、好スタートを切った。

 初回、マウンドで投球練習を行う中、菊池の名前がコールされると、場内は大歓声に包まれた。アスレチックスの先頭はセミエン。初球は真ん中低めへの146キロ直球でストライク。その後、フルカウントからスライダーは一塁方向へのボテボテのゴロとなった。難しい打球だったが、菊池は猛然とダッシュすると、ボールを拾い上げて自ら一塁へ。一足早くベースを踏み、アウトに仕留めた。

 さらに、2番チャップマンは1ボール2ストライクと追い込むと、低めへのワンバウンドのスライダーで空振り三振。3番ピスコッティもカーブと直球で追い込むと、最後はフルカウントとなったものの、146キロ直球で右翼へのフライに。イチローがガッチリとつかみ、3者凡退の好スタートとなった。イチローが捕球した瞬間、菊池は拍手を送った。

 西武からポスティングシステム(入札制度)でマリナーズに移籍した菊池は、オープン戦3試合登板で2勝1敗。防御率4.00ながら、ストライク先行の安定した投球が評価され、日本開催の第2戦先発を勝ち取った。待ちに待ったデビュー戦は最高のスタートとなった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)