ホークス中村晃が自律神経失調症…球団発表

福岡ソフトバンクホークス中村晃外野手、自律神経失調症と診断 右脇腹痛で離脱中

記事まとめ

  • 福岡ソフトバンクホークスは、中村晃外野手が自律神経失調症と診断されたことを公表
  • 右脇腹痛で離脱中の中村本人から公表してほしい旨の話があったという
  • 右脇腹の回復は順調とのことだが、復帰にはしばらく時間を要する模様とのこと

ホークス中村晃が自律神経失調症…球団発表

ホークス中村晃が自律神経失調症…球団発表

ソフトバンク・中村晃【写真:藤浦一都】

復帰時期は未定 3月中旬の右脇腹は順調に回復も

 ソフトバンクは23日、右脇腹痛で離脱中の中村晃外野手が自律神経失調症にかかっていることを公表した。復帰にはしばらく時間を要する模様。

 中村は3月中旬に右脇腹を痛めたのとほぼ同時期に自律神経失調症を発症。右脇腹の回復は順調とのことだが、リハビリ組にも合流できず復帰のメドは立っていないという。(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

関連記事(外部サイト)