鷹デスパイネが負傷交代 初回の第1打席で左膝付近に死球直撃

広島先発の九里のシュートが左膝付近に直撃、栗原が代走に送られる

■ソフトバンク – 広島(オープン戦・23日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクのアルフレド・デスパイネ外野手が、アクシデントにより負傷交代した。23日、ヤフオクドームで行われた広島とのオープン戦。初回の第1打席で左膝付近に死球を受けて、ベンチへと退いた。

 初回にアクシデントが起きた。1死から今宮が中前安打、柳田が四球で続くと、デスパイネが打席へ。その初球。インコースへのシュートが左膝付近を直撃すると、デスパイネはグラウンド上へと倒れ込んだ。トレーナーらに付き添われ、左足を引きずりながらベンチへ下がると、栗原が代走に送られた。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)