【MLB】“472億円男”トラウトの契約延長に“368億円男”のハーパーも白旗「彼が最も稼ぐ」

【MLB】“472億円男”トラウトの契約延長に“368億円男”のハーパーも白旗「彼が最も稼ぐ」

エンゼルスのマイク・トラウト(左)とフィリーズのブライス・ハーパー【写真:Getty Images】

12年総額472億円で契約延長のトラウト、米スポーツ史上最高額を更新

 エンゼルスのマイク・トラウト外野手が、20日(日本時間21日)に総額で米スポーツ史上最高額となる12年4億2650万ドル(約471億7500万円)での契約延長に合意した。この契約について、ブライス・ハーパー外野手が「とても嬉しい」と話したとMLB公式サイトが紹介している。

 自身もオフにフィリーズと13年総額3億3000万ドル(約367億7000万円)という巨額契約を結んだハーパー。結果としてすぐにトラウトに抜かれてしまうことにはなったが、その当時ではメジャー史上最高総額として話題となった。20年オフにFAとなるトラウトにフィリーズ入りを勧誘していたとも報じられたが、トラウトは“エンゼルス愛”を選んだ形だ。

 オフには自身の移籍について相談するなど、私生活でも交流のあるトラウトの決断にハーパーは「とても嬉しいよ」と言及。記事の中で「彼は家族にとって最良の決断をしたと思うよ。エンゼルスも(トラウトを)長期間フランチャイズの顔とすることを決めたんだから、素晴らしいね」と、契約延長がトラウトとエンゼルスの双方にとって良いものになるとしている。さらに「ベッツの去就が決まるときも、どのような契約になるか楽しみだね。ジャッジのことも楽しみだよ」と、2018年MVPを獲得したレッドソックスの万能外野手、ヤンキースの大砲の決断にも関心を示したという。

 わずか3週間弱で最高額契約トップの座から陥落してしまったことについては、「僕は欲しい契約を得ることができたよ」と気にしていない様子。また、記事では「トラウトが契約するなら(最高額は)無理だね。彼はスポーツ選手の中で最も稼ぐ選手になると思うよ」と、エンゼルスの主砲こそが最高額に妥当であると“白旗”をあげている。

 MLBを引っ張る存在であるトラウトとハーパーの両外野手。両者の去就は注目され続けてきたが、いずれも同じタイミングで10年を超える長期契約を結び、自身の決断でFAとなれる「オプトアウト」の権利も含まれず。フィリーズ、エンゼルスに腰を据える決断を下した。移籍に関する雑音から解放され、今季も異次元の活躍をみせてくれるだろうか。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)