巨人菅野、OP戦最後の登板は3回3安打1失点 バルガスに被弾、中5日で開幕へ

2回2死からバルガスに看板直撃の特大弾を浴びる

■巨人 – ロッテ(オープン戦・23日・東京ドーム)

 巨人の菅野智之投手が23日、本拠地東京ドームで行われたロッテとのオープン戦に先発した。開幕前最後のオープン戦登板となる右腕は3回を投げて3安打1失点だった。

 開幕投手に決まっている右腕が最後の調整登板を終えた。初回、この日1番でスタメン起用されたドラフト1位の藤原を二ゴロに切った、続く加藤には安打を許したが、中村、井上と打ち取り、初回は無失点に抑えた。

 2回2死からバルガスに右翼の看板を直撃する特大弾を浴びて1点を失った菅野だったが、3回は藤岡、そして2度目の対戦となった藤原を2者連続の見逃し三振に。加藤には再び安打を浴びたが、盗塁失敗で3回を投げ終えた。右腕は3回3安打1失点、3奪三振。中5日で3月29日の広島戦(マツダ)へ向かう。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)